徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/歯科保存学(1)A 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198297
EOID
578299
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:08:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Conservative Dentistry / (日) 歯科保存学(1)A 講義 / (読) しかほぞんがく こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 松尾 敬志
    肩書 任意
  2. 中江 英明
    肩書 任意
  3. 中西 正([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
    肩書 任意
  4. 寺下 正道(九州歯科大学)
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) 1)歯に生じる各種の疾患の特徴と病態を把握し,その病因を理解する.2)それらの疾患を認識するための診査法を知り,正しい診断が行える能力を養う.3)各種の治療・予防法について,その方法の背景や意義,術式,術後経過についての知識を修得し,治療法の臨床的選択を理解する.4)歯科に特徴的な治療法,すなわち欠損歯質の回復のための修復技法と修復材料についての基本知識を修得する.

概要 必須

(日) 歯科保存学(1)Aでは,保存修復学の講義形式の授業形態を基本とするが,課題や症例を通じての問題解決型学習も行う.

授業テーマ 必須

(日) 歯の硬組織に対する診断,予防と治療法

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義型式 ビデオ,スライドを適宜用いる.

授業場所 必須

(日) 第3講義室

注意 推奨
目標 必須
  1. (日) 歯の硬組織の構造と機能を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-1)-③>

  2. (日) 口腔細菌,歯垢および歯石について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-2)-⑤>

  3. (日) 歯の硬組織の疾患の病因と病態を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-2)-①>

  4. (日) う蝕の症状と診断を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-3)-(1)-①>

  5. (日) う蝕の予防と治療の方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-3)-(1)-②>

  6. (日) 歯の硬組織疾患の診査と検査および診断ができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-⑫>

  7. (日) インフォームド・コンセントの定義と重要性を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <A-4-①>

  8. (日) 窩洞形成の意義と方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-⑦>

  9. (日) 歯質欠損に対する歯冠修復の臨床的意義を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-①>

  10. (日) 修復に必要な前処置の目的と意義を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-④>

  11. (日) 歯髄保護の種類を述べ,その重要性を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-⑤>

  12. (日) 修復材料と修復法の種類と特徴およびその適応を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-②>

  13. (日) 接着材と合着材の種類と成分及び特性を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <E-1-④>

  14. (日) 修復後の術後管理の目的と方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-4)-(1)-⑪>

  15. (日) 歯痛の機序を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-2)-⑥>

計画 必須
  1. (日) 総論:歯科保存学序説

    内容 必須
    1. (日) 歯科保存学の目的および歯の構造と特徴

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 1
    授業回数 任意
  2. (日) 総論:う蝕

    内容 必須
    1. (日) う蝕の病因と病態,および治療法

    担当者 必須

    (日) 中江

    計画毎の目標 必須 2,3,4,5,15
    授業回数 任意
  3. (日) 総論:診査と診断

    内容 必須
    1. (日) 診査と診断の基本的概念とインフォームドコンセント

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 6,7,15
    授業回数 任意
  4. (日) 総論:窩洞

    内容 必須
    1. (日) 窩洞の種類・名称・要件,および窩洞形態

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 8
    授業回数 任意
  5. (日) 総論:修復法

    内容 必須
    1. (日) 保存修復の種類と適応,修復材料の一般的性状

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 9,12
    授業回数 任意
  6. (日) 総論:修復前処置

    内容 必須
    1. (日) 防湿法,歯間分離法,隔壁法,除痛法

    担当者 必須

    (日) 中西

    計画毎の目標 必須 10,15
    授業回数 任意
  7. (日) 総論:修復前処置

    内容 必須
    1. (日) 消毒と滅菌,歯髄保護,仮封

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 10,11,15
    授業回数 任意
  8. (日) 各論:成形修復

    内容 必須
    1. (日) セメント修復

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,13,14
    授業回数 任意
  9. (日) 各論:成形修復

    内容 必須
    1. (日) コンポジットレジン修復

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,13,14
    授業回数 任意
  10. (日) 各論:成形修復

    内容 必須
    1. (日) 象牙質接着

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,13
    授業回数 任意
  11. (日) 各論:インレー修復

    内容 必須
    1. (日) メタルインレー修復(1)

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,14
    授業回数 任意
  12. (日) 各論:インレー修復

    内容 必須
    1. (日) メタルインレー修復(2)

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,14
    授業回数 任意
  13. (日) 各論:インレー修復

    内容 必須
    1. (日) コンポジットレジンインレー修復,ポーセレンインレー修復

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 12,14
    授業回数 任意
  14. (日) 各論:ラミネートベニア修復

    内容 必須
    1. (日) ポーセレンラミネートベニア修復,レジンベニア修復

    担当者 必須

    (日) 寺下

    計画毎の目標 必須 12,14
    授業回数 任意
  15. (日) 各論:合着

    内容 必須
    1. (日) 合着用セメントの種類,性状,臨床対応

    担当者 必須

    (日) 松尾

    計画毎の目標 必須 13
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 講義終了後に試験を行い,講義に対する理解の程度と保存修復学に関する知識を評価する.
100点満点で60点以上を合格とする.

再評価 必須

(日) 一回のみ行う.

教科書 必須
  1. (日) 参考書:改訂版保存修復学21, 改訂版,永末書店,2002

  2. (日) 参考書:新保存修復学,第1版,クインテッセンス出版,1994

  3. (日) 参考書:The Art and Science of Operative Dentistry, Third edition, Mosby, 1995

URL 任意
連絡先 必須
  1. 松尾 敬志
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/2F1保存・教授室)

  2. 中江 英明
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼木17:00∼18:00/2F1保存・第3研究室)

  3. 中西 正([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科保存学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.むし歯科(第一保存科)])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00∼18:00/2F1保存・第3研究室)

科目コード 推奨
備考 任意