徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/基礎医学(2)/細菌学・細菌学実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198149
EOID
574615
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 22:17:54
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部医学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (日) 基礎医学(2) / (読) きそいがく
題目 任意 (日) 細菌学・細菌学実習
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.医学部.医学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 桑原 知巳
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 1. 生物学の基本となる一般微生物学を学ぶとともに,真核生物と原核生物との違いを理解し,感染症におけるhost-parasite relationship のparasite 側を十分に学ぶ.
2. 正しいparasite-drug relationship を知るために細菌の病原因子を明らかにし,細菌感染症の治療のための薬剤はただ効けばよいのではないという「抗生物質の使い方の原則」を正しく理解する.
3. 実習では無菌操作を身につけ,院内感染防止の基本を理解する.また,各種検体を実習材料として用い,臨床細菌学検査の基本を学ぶ.
4. 以上の講義と実習によって,細菌感染症に対して適正に対応できるようになることを目標とする.

概要 必須

(日) 講義 約38コマ,実習 20コマ(5回)
細菌学では,球状,桿状,らせん状の通常の細菌のほかに,マイコプラズマ,スピロヘータ,リケッチア,クラミジアなどの細菌と真菌,および細菌ウイルス(バクテリオファージ)を対象にして,分類,形態,培養,生理,代謝,遺伝などを学ぶ.さらに,病原性に主眼をおいて,病原細菌と病原真菌の感染と発症の機序を理解し,予防と治療の方法を学ぶ.各論として各種微生物の諸性状を知り,実習では臨床検体の細菌学的検査法の原理を理解し,分子遺伝学も学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
  1. (日) 講義:板書,プリント,スライド,ビデオ

  2. (日) 実習:テキスト配布,顕微鏡操作法の説明,必要器具の配付,正しい無菌操作や実験操作のデモ,実習前と後でのレポート提出

目標 必須
  1. (日) 細菌学を学ぶ意義について述べることができる.

    小目標 任意
  2. (日) 真核生物と原核生物の違いについて説明できる.

    小目標 任意
  3. (日) 感染症の流行と病原体の発見,予防や治療の歴史について説明できる.

    小目標 任意
  4. (日) 細菌の分類法について述べることができる.

    小目標 任意
  5. (日) 細菌の基本構造と付属構造の模式図を描き,それらの機能を説明できる.

    小目標 任意
  6. (日) 細菌培養に用いられる培地,培養法について述べ,細菌の増殖条件,増殖曲線について説明できる.

    小目標 任意
  7. (日) 細菌学的検査における注意と実際の方法を説明できる.

    小目標 任意
  8. (日) 消毒薬の種類,適用,実際の使用法,使用上の注意について説明できる.

    小目標 任意
  9. (日) 突然変異について説明し,変異・癌原物質の試験法について述べることができる.

    小目標 任意
  10. (日) 細菌における遺伝形質の伝達方法について説明できる.

    小目標 任意
  11. (日) 制限酵素,プラスミドについて述べ,遺伝子操作の基本について説明できる.

    小目標 任意
  12. (日) ファージの形態,構造,増殖,溶原化,型別と疫学応用について説明できる.

    小目標 任意
  13. (日) 抗菌薬の種類と作用機序を説明できる.

    小目標 任意
  14. (日) 抗菌薬使用の原則について述べることができる.

    小目標 任意
  15. (日) 食中毒指定菌を挙げ,病因,および症状の特徴を述べることができる.

    小目標 任意
  16. (日) 感染成立における微生物側,および宿主側の要因について述べることができる.

    小目標 任意
  17. (日) 主な病原細菌の形態,染色性,培養条件,集落の特徴,生化学的性状,抵抗性,病原性,所在,細菌学的診断法,予防と免疫,治療の重要事項について述べることができる.

    小目標 任意
  18. (日) 臓器感染症の原因となる主な菌種名を挙げることができる.

    小目標 任意
  19. (日) 院内感染の対策について述べることができる.

    小目標 任意
  20. (日) 顕微鏡を正しく操作し,標本の観察ができる.

    小目標 任意
  21. (日) 実習で行った特殊染色法について具体例を挙げて,説明できる.

    小目標 任意
  22. (日) グラム染色標本を適正に作製し,細菌の形態を判断し,グラム陽性菌とグラム陰性菌を区別できる.

    小目標 任意
  23. (日) 細菌の分離培養を行うことができる.

    小目標 任意
  24. (日) 無菌操作を正確に,手早く行うことができる.

    小目標 任意
計画 必須
  1. (日) 総論:概説

    内容 任意
    1. (日) 学習の目的,真核生物と原核生物,グラム染色

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  2. (日) 総論:歴史

    内容 任意
    1. (日) 伝染病の流行と病原体の発見,予防・治療の歴史

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  3. (日) 総論:分類

    内容 任意
    1. (日) 伝統的分類法,数値分類法,遺伝学的分類法,系統分類

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  4. (日) 総論:形態

    内容 任意
    1. (日) 形と大きさ,細菌の基本構造と付属構造,機能

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  5. (日) 総論:細菌学的検査法

    内容 任意
    1. (日) 無菌操作,分離培養,臨床検体採取時の注意

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  6. (日) 総論:生理

    内容 任意
    1. (日) 培地,培養法,増殖の条件,増殖曲線,発酵

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  7. (日) 総論:遺伝

    内容 任意
    1. (日) 突然変異,変異・癌原物質,遺伝形質の伝達,プラスミド,遺伝子操作

    担当者 推奨
    授業回数 任意 4
  8. (日) 総論:ファージ

    内容 任意
    1. (日) 形態と構造,増殖,溶原化,型別

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  9. (日) 総論:消毒

    内容 任意
    1. (日) 種類,適用,使用法,使用上の注意

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  10. (日) 総論:化学療法

    内容 任意
    1. (日) 抗生物質の種類と作用機作,抗生物質使用の原則,臓器感染症の原因微生物

    担当者 推奨
    授業回数 任意 3
  11. (日) 総論:食中毒

    内容 任意
    1. (日) 原因菌と症状

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  12. (日) 総論:感染

    内容 任意
    1. (日) 定着,感染,発症,ビルレンス,侵襲性,毒素産生性,内毒素,日和見感染,院内感染

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  13. (日) 各論:グラム陽性球菌

    内容 任意
    1. (日) ブドウ球菌,レンサ球菌,腸球菌,ペプトストレプトコッカス

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  14. (日) 各論:グラム陰性球菌

    内容 任意
    1. (日) 淋菌,髄膜炎菌

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  15. (日) 各論:グラム陰性好気性桿菌

    内容 任意
    1. (日) 緑膿菌,レジオネラ,ブルセラ,野兎病菌,百日咳菌

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  16. (日) 各論:グラム陰性通性嫌気性桿菌

    内容 任意
    1. (日) 腸内細菌科,コレラ菌,インフルエンザ菌

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  17. (日) 各論:グラム陽性有芽胞菌

    内容 任意
    1. (日) 枯草菌,炭疸菌,破傷風菌,ボツリヌス菌

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  18. (日) 各論:偏性嫌気性菌

    内容 任意
    1. (日) 総論,バクテロイデス,プレボテラ,ポルフィロモナス,フソバクテリウム

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  19. (日) 各論:グラム陽性無芽胞桿菌

    内容 任意
    1. (日) 乳酸桿菌,ビフィドバクテリウム,ユーバクテリウム,リステリア,コリネバクテリウム,抗酸菌

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  20. (日) 各論:マイコプラズマとスピロヘータ

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  21. (日) 各論:リケッチアとクラミジア

    内容 任意
    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  22. (日) 各論:真菌

    内容 任意
    1. (日) 二形性

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  23. (日) 実習:オリエンテーション

    内容 任意
    1. (日) 実習上の注意,顕微鏡の使い方,集落の観察

    担当者 推奨
    授業回数 任意 1
  24. (日) 実習:各種細菌の形態と染色

    内容 任意
    1. (日) 単染色(Staphylococcus aureus,Escherichiacoli,,Pseudomonas aeruginosa),グラム染色,芽胞染色(Bacillus subtilis, Clostridium tetani)

    担当者 推奨
    授業回数 任意 3
  25. (日) 実習:手指消毒

    内容 任意
    1. (日) 消毒:75%エタノール,1%オロナイン(逆性石鹸),0.3%ヒビテン,陰性石鹸α-hemolytic Streptococcus, β-hemolytic Streptococcus(S.pyogenes)

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  26. (日) 実習:細菌の鑑別・同定法

    内容 任意
    1. (日) マンニット分解,コアグラーゼ産生,ゼラチン液化,DNasa 産生

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
  27. 内容 任意
    1. (日) IMViC 試験,Escherichia,Shigella,Salmonella,Citrobacter,Klebsiella,Enterobacter,Serratia,Proteus,Providencia,Morganella,Yersinia

    担当者 推奨
    授業回数 任意 4
  28. 内容 任意
    1. (日) Rプラスミドの接合伝達

    担当者 推奨
    授業回数 任意 2
評価 必須

(日) 1. 筆記試験点.2. 実習レポート

再評価 任意
教科書 推奨
  1. (日) 戸田新細菌学(南山堂),医科細菌学(南江堂),微生物学実習書(医歯薬出版)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 桑原 知巳 (633-9229) tomomi@basic.med.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月・金 17:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 担当者は,桑原知巳准教授,片岡佳子講師,有持秀喜助教,今大路治之助教である.実習開始は時間厳守である.