徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/口腔外科学(2)(口腔外科)A 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198092
EOID
578417
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 19:23:10
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Oral & Maxillofacial Surgery / (日) 口腔外科学(2)(口腔外科)A 講義 / (読) こうくうげかがく こうくうげか こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 宮本 洋二
    肩書 任意
  2. 永井 宏和
    肩書 任意
  3. 藤澤 健司
    肩書 任意
  4. 玉谷 哲也
    肩書 任意
  5. 内田 大亮
    肩書 任意
  6. 湯淺 哲也
    肩書 任意
  7. 大江 剛
    肩書 任意
  8. 工藤 景子([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    肩書 任意
  9. 舘原 誠晃
    肩書 任意
  10. 尾上 富太郎
    肩書 任意
  11. 髙丸 菜都美([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 外科的処置に必要な滅菌・消毒の概念・基本的処置法を身につけ,口腔・顎・顔面領域の外傷,先天性・後天性異常の病態を理解し,診断並びに治療法を修得する.

概要 必須

(日) 手術の基本的手技と器具の操作を示し,具体的な手術法を解説する.口腔・顎・顔面領域の外傷,先天性・後天性異常の病態,診断に必要な検査とその所見並びに治療法を解説する.

授業テーマ 必須

(日) 口腔・頸部を構成する軟部組織,硬組織およびその関連器官の疾病の診断と治療

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義形式, プリント,スライド,ビデオを適宜用いる.

授業場所 必須

(日) 第4講義室

注意 推奨

(日) 試験は全講義数の2/3以上の出席を満たしている者に対して行う.

目標 必須
  1. (日) 診察,検査および診断に必要な事項を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-1)-①>

  2. (日) 歯科治療と全身疾患との関連を理解し説明できる.(歯科治療時の対応を含む.)

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-1)-②>

  3. (日) 的確な病歴聴取(現病歴,既往歴,家族歴,薬歴等)を行い,必要な部分を抽出できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-1)-⑧>

  4. (日) 問診,視診,触診および打診等によって患者の現症を的確に捉えることができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-1)-⑨>

  5. (日) 各種臨床検査の基準値を知り,重要な異常値の意味を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-1)-⑮>

  6. (日) 清潔と不潔の区分及び滅菌と消毒の意義,原理及び代表的な方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-3-1)-③>

  7. (日) 粘膜の切開,剥離に必要な器具の用法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-4)-④>

  8. (日) 縫合と止血に必要な器具の用法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-4)-⑤>

  9. (日) 手指と術野の消毒について説明できる.(器具の滅菌と消毒を含む.)

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-4)-⑥>

  10. (日) 粘膜の切開,剥離ができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-4)-⑧>

  11. (日) 単純縫合,抜糸ができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-4)-⑨>

  12. (日) 一般的な骨折の種類と特徴及び治癒過程を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-①>

  13. (日) 歯の外傷と顎顔面骨折の原因と種類を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-②>

  14. (日) 外傷時の検査法を列挙できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-③>

  15. (日) 歯の外傷の症状と検査法を列挙し,診断と治療法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-④>

  16. (日) 歯槽骨骨折,上顎骨骨折および下顎骨骨折の症状と検査法を列挙し,診断と治療法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-⑤>

  17. (日) 骨折の治療原則を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-⑥>

  18. (日) 軟組織損傷を分類し,それぞれの症状と処置法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(1)-⑦>

  19. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域の発生を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-①>

  20. (日) 一次口蓋と二次口蓋の発生を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-②>

  21. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域に症状をきたす主な先天異常を説明できる.(診断と治療方針を含む.)F-2-3)-③

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-③>

  22. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域の成長・発育異常(不正咬合)を説明できる.(診断と治療方針を含む.)

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-④>

  23. (日) 口唇・口蓋裂の病態と治療方針を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(7)-⑪>

  24. (日) 顎変形症を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-4)-(7)-⑫>

  25. (日) 臨床歯学教育

    目標のカリキュラム関連 推奨
計画 必須
  1. (日) 口腔外科診断法

    内容 必須
    1. (日) 口腔外科学総論

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 1,2,3,4,5
    授業回数 任意 1
  2. (日) 手術総論

    内容 必須
    1. (日) 手術学総論

    2. (日) 消毒・滅菌法,消毒剤,スタンダードプレコーション,創傷の治癒,手術器具,切開法,止血法(止血剤を含む),骨膜剥離法,縫合法(糸結び,縫合糸,針の種類を含む)

    担当者 必須

    (日) 高丸,宮本

    計画毎の目標 必須 6,7,8,9,10,11
    授業回数 任意 3
  3. (日) 組織損傷

    内容 必須
    1. (日) 外傷患者の初期治療,軟組織外傷,創傷治癒,新しい創傷治療

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 12,14,18
    授業回数 任意 1
  4. (日) 組織損傷

    内容 必須
    1. (日) 歯の外傷と歯槽骨骨折

    2. (日) 診査,原因,分類,治療

    担当者 必須

    (日) 舘原

    計画毎の目標 必須 13,15,16
    授業回数 任意 1
  5. (日) 組織損傷

    内容 必須
    1. (日) 顔面骨骨折総論

    2. (日) 分類,合併症,診断,治療,治癒機転,後遺症・異常治癒経過

    担当者 必須

    (日) 藤澤

    計画毎の目標 必須 12,14,16,17
    授業回数 任意 1
  6. (日) 組織損傷

    内容 必須
    1. (日) 顎骨骨折各論

    2. (日) 下顎骨骨折,関節突起骨折,上顎骨骨折,眼窩壁吹き抜け骨折,頬骨・頰骨弓骨折,鼻骨骨折

    担当者 必須

    (日) 玉谷

    計画毎の目標 必須 12,16,17
    授業回数 任意 2
  7. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 軟組織の異常

    2. (日) 上皮真珠,歯肉肥大,巨唇症,先天性口唇瘻,先天性口角瘻,Fordyce斑,二重唇,小口症,咬筋肥大症,巨舌症,舌扁桃,舌甲状腺,上唇小帯の異常,頬小帯の異常,舌小帯の異常

    担当者 必須

    (日) 大江

    計画毎の目標 必須 21
    授業回数 任意 1
  8. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顎顔面の先天異常

    2. (日) 口腔・顔面の発生,口唇・口蓋裂の症状・発生・統計・治療,鼻咽腔閉鎖機能障害とその治療

    担当者 必須

    (日) 内田,宮本

    計画毎の目標 必須 19,20,21,22,23
    授業回数 任意 2
  9. (日) 先天性および後天性異常

    内容 必須
    1. (日) 顎変形症

    2. (日) 病態(原因,分類,症状,診断)と治療

    担当者 必須

    (日) 永井

    計画毎の目標 必須 22,24
    授業回数 任意 2
  10. (日) 口腔外科学(2)(口腔外科)Aの総括

    内容 必須
    1. (日) 国家試験対応および解説

    2. (日) 国家試験問題を解いてみよう

    担当者 必須

    (日) 宮本

    計画毎の目標 必須 25
    授業回数 任意 1
評価 必須

(日) 評価は筆記試験により行い, 試験は4年次前期試験期間中に実施する. 100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 必須

(日) 1回のみ行う.

教科書 必須
  1. (日) 塩田重利,富田喜内監修:最新口腔外科学,医歯薬出版,第4版,1999年

  2. (日) 宮崎 正編:口腔外科学,医歯薬出版,第2版,2000年

  3. (日) 道 健一,他編:口腔顎顔面外科学,医歯薬出版,初版,2000年

  4. (日) 石川梧朗監修:口腔病理学,永末書店,第2版,1989年

URL 任意
連絡先 必須
  1. 宮本 洋二
    オフィスアワー 必須

    (日) 水17:00∼18:00/5F口腔疾患制御外科・教授室

  2. 永井 宏和
    オフィスアワー 必須

    (日) 月17:00∼18:00/5F口腔疾患制御外科・第1研究室

  3. 藤澤 健司
    オフィスアワー 必須

    (日) 火・水17:00∼18:00/5F口腔疾患制御外科・第1研究室

  4. 玉谷 哲也
    オフィスアワー 必須

    (日) 月・金17:00∼18:00/5F口腔疾患制御外科・第1研究室

科目コード 推奨
備考 任意