徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/母性看護学実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
197887
EOID
508311
Map
0
LastModified
2010年2月16日(火) 12:14:17
Operator
岸田 佐智
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (日) 母性看護学実習 / (読) ぼせいかんごがくじっしゅう
題目 任意
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 岸田 佐智([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.母性·小児看護学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 芝﨑 恵
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 女性のライフステージに即して生じる健康問題について,生殖に関する健康と権利(Reproductive Health/Rights)の視点から援助ができる基礎能力を養う.また,特にマタニティサイクルにある母子と家族への適切な援助ができるための基本的な実践能力を養う.

概要 必須

(日) 実習病院内の周産母子センターおよび産婦人科外来において,マタニティ―サイクルにある女性やその家族,女性のライフサイクルに応じた健康問題に関して,受け持ちを決めて,その対象者への看護援助について提供をする.また,それぞれの実践場所での実習を通して,看護援助について考える.

キーワード 推奨
  1. (日) 妊娠
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 妊娠の維持 (maintaining a pregnancy)
  2. (日) 分娩
  3. (日) 産褥
  4. (日) 女性の健康
先行科目 推奨
  1. 母性看護学概論([2008/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 母性援助論([2008/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 母児関係論([2008/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) マタニティサイクルにある女性の妊娠・分娩・産褥期の変化と経過を理解し,個々の健康問題に応じた適切な看護が実践できる.

  2. (日) 新生児の生理的特徴を理解し,胎外生活への適応がスムーズにできるよう援助する.

  3. (日) マタニティサイクルにある女性と児について健康上のアセスメントができる.

  4. (日) 女性のライフステージにおける各期の特徴を理解し,健康問題を捉えた看護援助が提供できる.

  5. (日) マタニティサイクルにある母子とその家族への継続的な看護援助の重要性を知り,周産母子センター内(分娩室→NICU,NICU→GCU)と地域との連携のあり方が理解できる.

  6. (日) マタニティサイクルにある対象者への援助を展開している医療チームの一員としての役割を理解し,述べることができる.

計画 必須
  1. (日) 詳細に関しては,母性看護学実習実習要項に記載しており,また実習前のオリエンテーションにおいて説明する.基本的には,2週間の実習期間中,周産母子センター内での,分娩室,褥室,NICUやGCUでの実習,および産婦人科外来での実習2日で,計画されている.

評価 必須

(日) 実習要項に掲載しているが,実習目標の達成度と記録物(80%),出席・態度(20%)により評価する.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 系統看護学講座 母性看護学概論 医学書院

  2. (日) 系統看護学講座 母性看護学各論 医学書院

参考資料 推奨
  1. (日) 実習期間中適宜紹介する

URL 任意
連絡先 推奨
科目コード 推奨
備考 任意