徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/高齢者看護学実習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
197769
EOID
486093
Map
0
LastModified
2009年11月26日(木) 11:48:23
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
雄西 智惠美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Clinical Practice in Gerontological Nursing / (日) 高齢者看護学実習 / (読) こうれいしゃかんごがくじっしゅう
題目 任意
形態 不用
  1. 実習
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 雄西 智惠美
    肩書 任意
  2. 田村 綾子
    肩書 任意
  3. 市原 多香子
    肩書 任意
  4. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  5. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  6. 今井 芳枝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.ストレス緩和ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  7. 板東 孝枝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 高齢者は長い人生経験で蓄積された成熟の要素と老化による衰退の要素を合わせもった存在として捉えることができる.このような観点に立つならば,高齢者のQOL向上のためには患者の成熟の要素を活用して衰弱の要素を補完するケアが必要である.本実習ではセルフケア理論を基盤にして治療過程にある高齢者に対する援助方法を学ぶ.また,実習を通して自己の看護観や倫理観,職業観を養う.

概要 必須

(日) 1病棟に4∼5名/1Gで合計2週間の実習を行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 高齢者看護学概論([2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. 高齢者援助論([2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
  3. 疾病論III([2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 患者-看護師関係を発展させることができる

  2. (日) 高齢者の健康問題を解決すうrために看護過程を展開することができる

  3. (日) 専門職業人として適切な(ふさわしい)姿勢·態度を養うことができる.

  4. (日) 倫理的問題に反応することができる.

  5. (日) 医療チームの一員として行動できる.

  6. (日) 基本的学習と学習の拡大努力をする.

計画 必須
評価 必須

(日) 実習目標の達成状況,実習への参加度,自己学習状況,カンファレンスへの参加度,ケースレポートを総合して評価する.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 疾病論Ⅱ,高齢者看護学概論,高齢者援助論で使用した教科書および資料など

参考資料 推奨
  1. (日) 必要時,参考文献を紹介をする.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田村 綾子
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日:16:30∼17:30 (研究室 保健学科3階)

  2. 雄西 智惠美
    オフィスアワー 任意

    (日) 木曜日:17:00以降 (研究室 保健学科3階)

  3. 市原 多香子
    オフィスアワー 任意

    (日) 金曜日:16:30∼18:00 (研究室 保健学科3階)

  4. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日:16:00から17:30(成人実習室 保健学科3階)

  5. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日:16:00から17:30(成人実習室 保健学科3階)

科目コード 推奨
備考 任意