徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/斜面減災工学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
197282
EOID
485337
Map
[2009/斜面減災工学特論]
LastModified
2009年11月25日(水) 14:05:12
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Advanced slope disaster reduction / (日) 斜面減災工学特論 / (読) しゃめんげんさいこうがくとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 蒋 景彩([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) 1. The first objective of this subject is to learn models and theories on rainwater and solute runoff system in river basin. 2. The second objective of this subject is to make students aware of the slope stability methods and to develop an understanding of the procedures and processes involved in the design of engineered slopes and slope stabilization works.

(日) 1. 河川流域を対象として,雨水・物質流出モデルとその理論について修得することを目的とする. 2. 斜面工学に関する専門的な知識を習得し,安定問題の解析法,せん断強度の決定法と斜面対策工の設計法を修得することを目的とする.

概要 必須

(英) In the first part of this subject, models and theories on rainwater and solute runoff system in river basin are introduced. The Muskingum method is a commonly used lumped flood routing method for handling a variable discharge-storage relationship. The kinematic wave model is the simplest distributed model defined by the continuity equation for an unsteady flow and the momentum equation assuming the friction and gravity forces balance each other. A report of solving problems related to lecture items is imposed. Topics of the second part covered include slope stability analysis methods, types of shear strengths for both engineered and natural slopes, selection of strength parameters, types of slope stabilization works and their design, and seismic instability of slopes. This subject is related on engineering.

(日) 前半では,河道内洪水流下過程を,線形および非線形集合(lumped)洪水追跡モデルとキネマチック分布(distributed) 洪水追跡モデルで表現する手法について学ぶ.それぞれのモデルと理論について例題解説を加えることにより,理論の習熟と理解を促す.そして,流出モデルを使用した森林の水源かん養機能や水質浄化機能に関する最近の研究成果について講述する.最後に,各項目に関する演習問題に対する解答をレポートで提出してもらう. 後半では,まず斜面崩壊現象を概説し,斜面安定解析法の種類と特徴を解説する.次に,土のせん断強度のタイプと強度定数の決定法を論じ,斜面対策工の設計法を講述する.最後に斜面工学の新しい展開を概観する.本科目は,工業に関する科目である.

キーワード 推奨
  1. (英) linear and non-linear lumped flood routing method / (日) 線形および非線形集合(lumped)洪水追跡モデル
  2. (英) kinematics distributed flood routing method / (日) キネマチック分布(distributed)洪水追跡モデル
  3. (英) stability analysis / (日) 安定解析 / (読) あんていかいせき
  4. (英) shear strengths / (日) せん断強度 / (読) せんだんきょうど
  5. (英) slope stabilization / (日) 斜面対策工 / (読) しゃめんたいさくこう
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 地域防災学特論([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/地域防災学特論])
    関連度 任意
  2. 地盤力学特論([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/地盤力学特論])
    関連度 任意
  3. 土質力学特論([2010/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2009/土質力学特論])
    関連度 任意
要件 任意

(英) not specified

(日) 特になし

注意 任意
目標 必須
  1. (英) On the completion of this subject, students should have a knowledge of slope engineering practices in static and seismic stability analyses, determination of shear strengths, and design of slope remedial works.

    (日) 斜面破壊現象と斜面減災工学の概要を知り,斜面安定解析法の種類と特徴を理解する

  2. (英) The students should understand the measurement and selection of the peak, fully softened, and residual shear strengths for use in stability analyses, and understand the design outline of slope stabilization works.

    (日) 地山せん断強度の決定法,および斜面対策工の種類と設計法を習得する

計画 必須
  1. (英) Examples and causes of slope failure

    (日) 斜面崩壊事例と破壊要因

  2. (英) Introduction of slope disaster reduction

    (日) 斜面減災工学の概要

  3. (英) Static slope stability methods (Part 1)

    (日) 斜面安定解析法の種類と特徴(その1)

  4. (英) Static slope stability methods (Part 2)

    (日) 斜面安定解析法の種類と特徴(その2)

  5. (英) Total stress analysis and effective stress analysis

    (日) 全応力解析と有効応力解析

  6. (英) Types of shear strengths for engineered and natural slopes

    (日) 地山のせん断強度

  7. (英) In-situ determination of shear strengths

    (日) 調査と原位置試験によるせん断強度の決め方

  8. (英) Laboratory determination of shear strengths

    (日) 室内試験によるせん断強度の決め方

  9. (英) Determination of shear strengths by back analysis (Part 1)

    (日) 逆解析によるせん断強度の決め方(その1)

  10. (英) Determination of shear strengths by back analysis (Part 2)

    (日) 逆解析によるせん断強度の決め方(その2)

  11. (英) Slope stabilization (unloading and drainage)

    (日) 斜面対策工(抑制工)

  12. (英) Slope stabilization (anchors)

    (日) 斜面対策工(アンカー工)

  13. (英) Slope stabilization (piles)

    (日) 斜面対策工(杭工)

  14. (英) Slope stabilization (soil reinforcement)

    (日) 斜面対策工(土の補強)

  15. (英) New development of slope disaster reduction

    (日) 斜面減災工学の新しい展開

  16. (英) Examination

    (日) 期末試験

評価 必須

(英) Reports and tests.

(日) レポートとテストで総合的に判定する.

再評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (英) Reading and discussing materials are distributed.

    (日) 講義中に資料を配付

参考資料 推奨
  1. (英) Soil Strength and Slope Stability by Michael J. Duncan and Stephen G. Wright (John Wiley & Sons)

    (日) 斜面の安定・変形解析入門-基礎から実例まで-,地盤工学会,2006.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 蒋 景彩([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です