徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/線形システム解析

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
196670
EOID
485035
Map
[2009/線形システム解析]
LastModified
2009年11月25日(水) 13:59:50
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Linear System Analysis / (日) 線形システム解析 / (読) せんけいしすてむかいせき
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 物理システムの解析及び構築技術に不可欠な線形システム解析技術の基本的な考え方を理解させる.

概要 必須

(日) 本講義の前半では,線形システムの基礎的な自動制御を例にとり,制御理論を展開する上で重要な役割をはたすラプラス変換,ラプラス逆変換,微分方程式のラプラス変換による解法,伝達関数,ブロック線図などの基本概念を述べる. 後半では制御系のステップ応答や周波数応答に関する解析手法,制御系の安定性の概念,安定性判別法,および制御系の設計手法の基礎についても触れる. なお,講義を聴講するだけでは理解の難しいと思われる項目については,教科書の例題を中心に演習を行う.

キーワード 推奨
  1. 古典制御理論(classical control theory)
  2. 動的システム(dynamical systems/->キーワード[力学系])
  3. 線形システム(linear systems/->キーワード[線形システム])
  4. 周波数特性(frequency characteristics/->キーワード[周波数応答])
  5. PID補償器(PID controller)
先行科目 推奨
  1. 微分方程式1([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/微分方程式1])
    必要度 任意
  2. 微分方程式2([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/微分方程式2])
    必要度 任意
  3. 電気回路及び演習([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/電気回路及び演習])
    必要度 任意
  4. 複素関数論([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/複素関数論])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 離散システム解析([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/離散システム解析])
    関連度 任意
  2. 信号処理([2010/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/信号処理])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 微分方程式1,微分方程式2,力学系的通論,電気回路及び演習を履修することが望ましい.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 物理システムの解析及び構築に不可欠な技術である線形システム解析の基本的手法を理解し,応用力をつける.

計画 必須
  1. (日) 制御の目的と定義,フィードバック制御の概念

  2. (日) 動的システムのモデル

  3. (日) ラプラス変換,微分方程式の解法

  4. (日) 伝達関数の定義,おくれ要素次数と過渡応答

  5. (日) ブロック線図の構成単位と結合,等価変換

  6. (日) 周波数応答の定義,表現形式

  7. (日) 模擬試験1

  8. (日) 内部安定性と入出力安定性

  9. (日) 安定性の代数的判別法

  10. (日) フィードバック系の安定性と安定余裕

  11. (日) 制御系設計の基礎

  12. (日) 位相進み遅れ補償とPID制御

  13. (日) 部分的モデルマッチングによるI-PD制御系の設計

  14. (日) 2自由度制御系

  15. (日) 模擬試験2

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 毎回出題するレポートの結果と定期試験の結果を10:90の割合で評価する.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 添田喬·中溝高好 著「自動制御の講義と演習」日新出版

参考資料 推奨
  1. (日) 示村悦二郎 著「自動制御とは何か」コロナ社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本講義は「離散型システム解析」の履修の前提となるものであり,十分に修得しておくことが望ましい.

  2. (日) 平常点を小試験で評価し,その点と定期試験の比率は,1対9にする.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です