徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/触媒工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
196582
EOID
498828
Map
[2009/触媒工学]
LastModified
2010年1月4日(月) 17:39:14
Operator
杉山 茂
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Catalytic Science and Technology / (日) 触媒工学 / (読) しょくばいこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) この時点までに,多くの基礎および専門科目で習得した,それぞれ独立の概念が,触媒を通じた場合,どのように体系的に利用できるかという点を理解することを目的とする.

概要 必須

(日) 実際に触媒を合成し反応に供するための,触媒担体選定,合成法,物性評価,活性試験,最適装置の選定などについて講述する.さらに最近の触媒工学の分野におけるトッピクスを概説する.

キーワード 推奨
  1. 触媒(catalyst)
  2. 反応装置(reactor)
  3. キャラクタリゼーション(characterisation)
先行科目 推奨
  1. 反応工学基礎([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/反応工学基礎])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 反応工程設計([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/反応工程設計])
    関連度 任意
  2. 材料プロセス工学([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/材料プロセス工学])
    関連度 任意
  3. 化学反応工学([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/化学反応工学])
    関連度 任意
  4. 反応工学演習([2010/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/反応工学演習])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 「反応工学基礎」を履修し,「反応工程設計」も受講していることが望ましい.

注意 任意

(日) 講義の開始時に復習を行なうとともに,当日の講義の要旨を述べる.そのため,予習復習の状況を重視する.

目標 必須
  1. (日) 反応装置の概要とその装置に相応しい触媒の物性を述べることができる(1-3, 13-15回目の講義および定期試験).

  2. (日) 代表的な触媒の反応性,調製,同定について述べることができる(4-7回目, 9-12回目の講義および定期試験).

計画 必須
  1. (日) 触媒工学の歴史的概略

  2. (日) 反応方式(1) 液相均一,液相懸濁

  3. (日) 反応方式(2) 固定床触媒反応器,流動床触媒反応器:1-3回目の講義の反応形式とそれに基づく触媒物性を復習する

  4. (日) 触媒各論(1) 酸·塩基に基づく触媒各論

  5. (日) 触媒各論(2) 触媒の複合化:複合酸化物および分子次元触媒設計:4-5回目の講義の触媒各論の復習をする

  6. (日) 担体各論 担体の役割,担体―触媒の相互作用および担体各論

  7. (日) 触媒調製法 担持触媒,水熱合成法,気相合成法,固相合成法等:6-7回目の触媒調製法を復習する

  8. (日) 触媒調製法までの演習と解説

  9. (日) キャラクタリゼーション(1) 表面積,分散度,酸性度,塩基性度の測定法

  10. (日) キャラクタリゼーション(2) 赤外吸収スペクトル,電子顕微鏡,X線回折法,ケイ光X線

  11. (日) キャラクタリゼーション(3) X線光電子分光法,X線吸収広域連続微細構造,固体NMR:9-11回目の講義のキャラクタリゼーションを復習する

  12. (日) 速度論:触媒に特徴的な速度論的取り扱いを復習する

  13. (日) 最近のトッピクス(1):生産型触媒

  14. (日) 最近のトッピクス(2):公害抑止型触媒

  15. (日) 最近のトッピクス(3):13-15回目の講義で触れた最近の技術を復習するとともに各人の興味あるトピックスを自習する

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 再試験は行わない.受講姿勢および授業中の質問に対する回答を平常点とし,期末試験と平常点を60:40の割合で評価し,合計60点以上を獲得したものを合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科学習・教育目標(A:○),(B:◎)に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 講義で使う資料は全て前もってU-ラーニングシステムに公開する.

参考資料 推奨
  1. (日) 山下弘巳,田中庸裕等著 「触媒・光触媒の科学入門」 講談社

  2. (日) 触媒学会編 「触媒講座」 講談社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 月曜,火曜,16時から18時,また随時対応します.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 触媒工学は,化学の多くの分野が融合していることによって成り立っていることに重きをおいて講義を行う.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です