徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/材料•構造力学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
196516
EOID
484283
Map
[2009/材料•構造力学]
LastModified
2009年11月24日(火) 20:02:55
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Reinforced Concrete Mechanics / (日) 材料•構造力学 / (読) ざいりょうこうぞうりきがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    肩書 任意
  2. 渡邉 健([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 現在の社会基盤整備を支えており,鋼構造とともに建設構造物の主要な構成要素である鉄筋コンクリート構造物を,合理的でかつ経済的に造ろうとする場合,鉄筋コンクリート独特の力学に関する知識が要求される.本講義では,鉄筋コンクリート力学に関する基礎技術について講義し,レポートを実施する.建設工学の専門応用科目群の1分野である鉄筋コンクリート工学に関連する実務問題に正しく適用できる能力を養い,鉄筋コンクリート構造物の設計に必要な基礎知識を修得させる.

概要 必須

(日) 鉄筋コンクリートの特徴ならびにコンクリートと鉄筋の力学的性質について講義し,実際に設計に必要な曲げ耐力,曲げと軸方向力に対する耐力,せん断耐力について,力学的観点から理解させる.また,曲げ応力度,ひび割れ幅等の設計項目についても言及する.

キーワード 推奨
  1. (日) 鉄筋コンクリート
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 鉄筋コンクリート (reinforced concrete)
  2. (日) 限界状態設計法
  3. (日) 曲げ耐力
  4. (日) 曲げ応力度
  5. (日) せん断耐力
先行科目 推奨
  1. もの作り創造材料学([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/もの作り創造材料学])
    必要度 任意 0.500000
  2. コンクリート工学([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/コンクリート工学])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 構造力学1([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/構造力学1])
    関連度 任意 1.000000
  2. 構造力学3([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/構造力学3])
    関連度 任意 1.000000
  3. 応用構造力学([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/応用構造力学])
    関連度 任意 0.500000
  4. 構造力学2([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/構造力学2])
    関連度 任意 1.000000
  5. 応用構造力学演習([2010/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2009/応用構造力学演習])
    関連度 任意 0.500000
要件 任意

(日) 1 年後期開講の「構造力学1」,2 年前期開講の「もの作り創造材料学」,「構造力学2」,「構造力学3」,2 年後期開講の「応用構造力学」,「応用構造力学演習」および「コンクリート工学」を受講していることが望ましい.

注意 任意

(日) 予習・復習を行うこと.レポートは必ず期限内に提出すること.

目標 必須
  1. (日) 限界状態設計の概念を理解するために,鉄筋コンクリートの特徴および鉄筋とコンクリートの応力ひずみ関係を理解し,等価応力ブロックの算定方法,鉄筋コンクリート部材の曲げ耐力の算定方法を習得する.

  2. (日) 鉄筋コンクリート部材の曲げ応力度と曲げひび割れ幅の算定方法,ならびに,曲げと軸力を受ける部材の耐荷力およびせん断耐力の算定方法を習得する.

計画 必須
  1. (日) ガイダンスおよび鉄筋コンクリートの特徴:教科書pp.7∼10

  2. (日) コンクリートおよび鉄筋の力学的性質:教科書pp.11∼22:レポート1<正規分布と安全係数の関係>

  3. (日) 限界状態設計法と部分安全係数(限界状態設計法の基本的考え):教科書pp.23∼26

  4. (日) 限界状態設計法と部分安全係数(部分安全係数の基本的考え):教科書pp.26∼30

  5. (日) 断面の曲げ耐力(等価応力ブロック) :教科書pp.31∼36:レポート2<等価応力ブロックの式の導出>

  6. (日) 断面の曲げ耐力(曲げ耐力の算定式):教科書pp.36∼47

  7. (日) 中間試験(到達目標1:第1講∼第5講まで範囲)

  8. (日) 曲げ応力度:教科書pp.87∼94

  9. (日) 曲げひび割れ幅に対する検討:教科書pp.95∼102

  10. (日) 曲げと軸方向力に対する断面の耐力(基本的考え方) :教科書pp.48∼53

  11. (日) 曲げと軸方向力に対する断面の耐力(例題に基づく相互作用図の作成) :教科書pp.54∼58:レポート3<相互作用図の作成問題>

  12. (日) 曲げと軸方向力に対する断面の耐力(レポート3の解説) :教科書pp.54∼58

  13. (日) 棒部材のせん断耐力(斜めひび割れ発生時のせん断耐力の算定):教科書pp.59∼64

  14. (日) 棒部材のせん断耐力(せん断補強鉄筋降伏時のせん断耐力の算定) :教科書pp.64∼71

  15. (日) せん断耐力と曲げ耐力の関係·構造物の破壊形式:レポート4 <破壊形式に関する演習問題>

  16. (日) 期末試験(到達目標2:第6講,第8講∼第15講まで範囲)および授業評価アンケートの実施

評価 必須

(日) 到達目標1の達成度を,レポート1とレポート2の割合を1:1として算出される評点により評価し,レポート評価点と中間試験の評価点を1:1として評点を算出し,評点が60%以上を等目標のクリア条件とする.到達目標2の達成度を,レポート3とレポート4の割合を1:1:1として算出される評点により評価し,レポート評価点と期末試験の評価点を1:1として評点を算出し,評点が60%以上を等目標のクリア条件とする.2つの到達目標をクリアした場合を合格とし,成績は,到達目標1と到達目標2の評点の平均値として算出する.

JABEE合格 任意

(日) [成績評価]と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標の3(3)100%に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 岡村甫·前田詔一「鉄筋コンクリート工学」市ヶ谷出版

参考資料 推奨
  1. (日) 吉川「鉄筋コンクリートの解析と設計」丸善

  2. (日) 土木学会編,池田·小柳·角田著「(新体系土木工学32) 鉄筋コンクリートの力学」技報堂出版

  3. (日) 田辺·檜貝·梅原·二羽「コンクリート構造」朝倉書店

  4. (日) 村田二郎編「入門鉄筋コンクリート工学」技報堂出版

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/D0031
連絡先 推奨
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) レポートは提出期限を厳守すること.なお,中間試験の日程は,講義の進度と日程によって変動するので,注意すること.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です