徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [獅々堀 正幹]/[柘植 覚]/Zhang Le/Minoru Sasaki/Yoshiki Uemura/[北 研二]/下限値を用いたEMD距離の高速検索アルゴリズム/IEEE International Conference on Information Reuse and Integration

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
196049
EOID
757573
Map
0
LastModified
2014年11月25日(火) 16:18:03
Operator
獅々堀 正幹
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
北 研二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 獅々堀 正幹([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 評価実験および論文執筆を行った.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 柘植 覚
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Zhang Le
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Minoru Sasaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yoshiki Uemura
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意

    (日) 研究手法の提案,関連文献の調査,プログラム開発を行った.

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Fast Retrieval Algorithm for the Earch Mover's Distance Using Lower Bounds

(日) 下限値を用いたEMD距離の高速検索アルゴリズム

副題 任意
要約 任意

(英) The Earth Mover's Distance (EMD) was introduced in Computer Vision as better distance measure between two distributions, and has been widely used in multimedia databases. Rubner et al. have been proposed CBIR model using the EMD, and its high quality for image similarity search has been demonstrated. Formally, the Earth Mover's Distance is defined as a Linear Programming problem which can be solved using the simplex method. Its computation, however, is too complex to apply the EMD in interactive multimedia database systems. In order to achieve the efficient retrieval, we propose a fast retrieval algorithm for the EMD. This method uses the lower bounding distance. The lower bounding distance of the EMD is simple approximation computationally.

(日) EMDは特徴量間の最適な距離尺度としてコンピュータービジョンの分野に導入され,マルチメディアデータベースに頻繁に用いられている.特にEMDを距離尺度に用いた類似画像検索は高精度な結果が得られることが紹介されている.しかしながら,EMDはシンプレックス法に代表される線形計画問題により計算されるため,計算コストが非常に高く,大規模なデータには不向きであった.この問題に対して,我々はEMDの下限値を用いて,EMDを高速に計算するアルゴリズムを提案する.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) IEEE International Conference on Information Reuse and Integration
ISSN 任意
必須 ---
必須 ---
必須 445 450
都市 必須
年月日 必須 2008年 7月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意