徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 中村 明代/[川人 伸次]/[片山 俊子]/[河野 崇]/新田 一仁/[乾 大資]/[北畑 洋]/[大下 修造]/気管支痙攣を繰り返したPena-Shokeir症候群の麻酔管理/[麻酔]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
195985
EOID
819024
Map
0
LastModified
2016年5月2日(月) 16:05:23
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
北畑 洋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 中村 明代
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《中村 明代 (Nakamura Akiyo) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 川人 伸次([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域医療人材育成(医学域)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 片山 俊子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 河野 崇
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 新田 一仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《新田 一仁 (Nitta Kazuhito) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《新田 一仁 () @ 医学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 乾 大資
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 北畑 洋([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科麻酔科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 大下 修造
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Bronchospasm during anesthesia in a patient with Pena-Shokeir syndrome

(日) 気管支痙攣を繰り返したPena-Shokeir症候群の麻酔管理

副題 任意
要約 任意

(英) A 3-month-old boy with Pena-Shokeir syndrome underwent tracheotomy under general anesthesia. Patients with this syndrome may present anesthetic problems involving difficulties in tracheal intubation, possibilities of malignant hyperthermia, as well as perioperative respiratory complications related to hypoplasia of the lung. General anesthesia was induced and maintained with sevoflurane (2-3%) and nitrous oxide (0-50%) in oxygen (50-100%). The patient developed bronchospasm during tracheotomy. Atropine and epinephrine were administered intravenously and 5% sevoflurane was inhaled. The bronchospasm was improved gradually and surgery was successfully finished. Pena-Shokeir syndrome is an uncommon disease first reported by Pena & Shokeir in 1974 and characterized by congenital multiple arthrogryposis, characteristic facies, camptodactyly and pulmonary hypoplasia. In the perioperative management for a patient with Pena-Shokeir syndrome, special attention should be paid to abnormalities in the upper and lower respiratory systems, especially bronchospasm.

キーワード 推奨
  1. (日) 致死性先天奇形
  2. (日) 多発性関節拘縮
  3. (日) 呼吸管理
  4. (英) Pena-Shokeir syndrome
  5. (英) lethal congenital anomalies
  6. (英) multiple arthrogryposis
  7. (英) respiratory management
  8. (英) bronchospasm
発行所 推奨 (日) 克誠堂出版
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[組織] 克誠堂出版 株式会社
誌名 必須 麻酔([社団法人 日本麻酔科学会])
(pISSN: 0021-4892)
ISSN 任意 0021-4892
ISSN: 0021-4892 (pISSN: 0021-4892)
Title: Masui. The Japanese journal of anesthesiology
Title(ISO): Masui
Publisher: Kokuseido Shuppan K.K./Kokuseido Publishing Co.
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 54
必須 10
必須 1146 1148
都市 任意
年月日 必須 2005年 10月 10日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40006976783/
DOI 任意
PMID 任意 16231771    (→Scopusで検索)
NAID 任意 40006976783
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: English Abstract

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article