徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [芥川 正武]/村田 敏洋/[榎本 崇宏]/[加治 芳雄]/[七條 文雄]/[長篠 博文]/[木内 陽介]/非線形モデリングを用いたEEGの評価/Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
195086
EOID
760437
Map
0
LastModified
2014年12月4日(木) 23:20:33
Operator
芥川 正武
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
芥川 正武
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座
著者 必須
  1. 芥川 正武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意

    (日) 研究総括,実験方法,解析方法の検討

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Murata Toshihiro / (日) 村田 敏洋 / (読) むらた としひろ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 榎本 崇宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 加治 芳雄([徳島文理大学.工学部])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 七條 文雄
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 長篠 博文
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 木内 陽介
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) EEG Evaluation Method Using Nonlinear Modeling

(日) 非線形モデリングを用いたEEGの評価

副題 任意
要約 任意

(英) An evaluation method for EEG (electroencephalogram) is described in this paper. The proposed method uses a kind of non-linear autoregressive model by use of MLP (multilayered perceptron). The MLPs are trained by observed signals for short term periods. When the training is completed, each MLP can be thought as a model of EEG generator. To evaluate the change of the generator, variation of connection weights in the MLPs is obtained by the principal component analysis. Advantage of this method is that few prior information is necessary in comparison with conventional frequency analysis. The proposed method was applied to detecting a period for 7 series task. As results of experiments, change of the generator could be figured out as variation of 2nd principal component.

(日) 多層ニューラルネットワークを用いたEEGの評価方法について検討した.ニューラルネットワークはEEG生成モデルとしてトレーニングし,結合荷重の変化をPCAを用いて解析した.7シリーズタスクを課した際の脳波を測定し提案法を適用した結果,有用性が確認された.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering
ISSN 任意
必須 25
必須 4
必須 2197 2200
都市 必須 ミュンヘン(Munich/[ドイツ連邦共和国])
年月日 必須 2009年 9月 7日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意