徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生活と社会/異なる社会を知ろう-ラテンアメリカ文化社会論-

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
194804
EOID
470241
Map
0
LastModified
2009年9月30日(水) 09:09:19
Operator
妹尾 禎之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Latin American Cultures and Societies / (日) 異なる社会を知ろう-ラテンアメリカ文化社会論- / (読) ことなるしゃかいをしろう らてんあめりかぶんかしゃかいろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 稲井 由美
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 情報化社会に生きているとはいっても,我々が日々目にするラテンアメリカの情報は圧倒的に量が少なく,またメディアで流れる情報の種類は限られている.本講義では,中米・南米それぞれの具体的事象を紹介しながら,日頃ふれることの少ないラテンアメリカの社会について理解を深めてもらうことを目的とする.これを通じて,知らないことを知るという楽しみと同時に,これまでと違う,``地球の反対側''からの視線で我々が生きる世界を見直してみるということを体験してもらう.

概要 必須

(日) おもに,中米・グァテマラ,南米・チリの具体的事象を中心に,生活・文化・社会活動・政治経済などラテンアメリカ現代社会の様相を,その歴史的背景も掘り下げながら見ていく.写真やビデオを多く用いて,人々が暮らすにおいが伝わるような講義としたい.

キーワード 推奨
  1. (日) 多民族・多文化社会
  2. (日) 貧困と開発
  3. (日) グローバリゼーション
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 遠い国のことでも,案外身近な,今の自分の問題につながっている.ラテンアメリカに関心がある人はもちろん,ほとんど知らないという人の受講も歓迎する.ただし,聞くだけでなく,自分もそこに旅に出かけるつもりで積極的に情報収集し考えることを期待する.

目標 必須
  1. (日) 陽気なダンスやサッカー以外の,人々が暮らす社会としてのラテンアメリカに興味を持ってもらう.

  2. (日) 異なる社会を知り,その背景を理解しようとする目を養ってもらう.

  3. (日) 彼の地を知ることにより,己の社会を新たな視線でとらえ返すという姿勢を身に付けてもらう.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) -中米・グァテマラの事例から- ①知っていますか? グァテマラコーヒーの向こう側

  3. (日) ②20以上の言語,村ごとに違う民族衣装

  4. (日) ③密告:内戦の傷あと

  5. (日) ④開発とNGO

  6. (日) ⑤マヤ先住民族社会と国民国家:二つの社会システム

  7. (日) -南米・チリの事例から-①ホントは深い日本との関係:資源大国チリ

  8. (日) ②大統領も踊るクエッカ:独立記念日とチリ人のアイデンティティ

  9. (日) ③もう一つの9.11:軍政の記憶と社会的遺産

  10. (日) ④南米の優等生チリの「新しい貧困」

  11. (日) -地域としてのラテンアメリカ-①アルマス広場から見える風景:歴史・文化の多様性と共通性

  12. (日) ②軍政,抵抗運動,貧困と開発援助

  13. (日) ④多民族・多文化社会と国民国家統合

  14. (日) ⑤世界の先端?:グローバル化と新自由主義的社会再編,それに抗する動き

  15. (日) 期末テスト(レポート)

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 出席,授業毎のミニ・レポート,期末のレポートを総合的に見て評価する. (詳しくは初回に説明)

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 使用しない.授業ごとにレジュメ等の資料を配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 講義に沿って随時紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 稲井 由美
    オフィスアワー 任意

    (日) [メール:inai99@aol.com]メールにて連絡・相談を受け付ける.

科目コード 推奨
備考 任意