徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [小野 公嗣]/[宍戸 裕二]/朴 煥埼/川添 僚也/岩名 沙奈恵/[鄭 丞弼]/El-Magd Mohamed Abou Rabab/[頼田 和子]/岡野 舞/Watanabe Takeshi/[佐野 暢哉]/[坂東 良美]/有馬 邦正/[坂井 隆志]/[福井 清]/Potential pathophysiological role of D-amino acid oxidase in schizophrenia: immunohistochemical and in situ hybridization study of the expression in human and rat brain/[Journal of Neural Transmission]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
194661
EOID
939189
Map
0
LastModified
2019年2月21日(木) 17:00:13
Operator
福井 清
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. 小野 公嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 宍戸 裕二([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Park Ki Hwan / (日) 朴 煥埼 / (読) ぱく はんき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《パク ハンキ (KI HWAN PARK) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    《朴 煥埼 (KI HWAN PARK) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2001年10月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Kawazoe Tomoya / (日) 川添 僚也 / (読) かわぞえ ともや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Iwana Sanae / (日) 岩名 沙奈恵 / (読) いわな さなえ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 鄭 丞弼
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) El-Magd Mohamed Abou Rabab
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Rabab Mohamed Abou El Magd Ahmed (Ahmed Magd El Abou Mohamed Rabab) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2005年6月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 頼田 和子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Okano Mai / (日) 岡野 舞 / (読) おかの まい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Watanabe Takeshi
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 渡邉 健 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 佐野 暢哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Arima Kunimasa / (日) 有馬 邦正 / (読) ありま くにまさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Potential pathophysiological role of D-amino acid oxidase in schizophrenia: immunohistochemical and in situ hybridization study of the expression in human and rat brain

副題 任意
要約 任意

(英) D-Amino acid oxidase (DAO) is a peroxisomal flavoenzyme that catalyzes oxidative deamination of a wide range of D-amino acids. Among the possible substrates of DAO in vivo, D-serine is proposed to be a neuromodulator of the N-methyl-D-aspartate (NMDA) type glutamate receptor. The gene for DAO was reported to be associated with schizophrenia. Since DAO is expected to be one of the key enzymes in the regulation of NMDA neurotransmission, the modulation of the enzyme activity is expected to be therapeutical for neuronal disorders. In search of the pathophysiological role of DAO, we analyzed the distribution of DAO mRNA and protein in the rat and human brain. In rat, the distribution of DAO mRNA was newly detected in choroid plexus (CP) epithelial cells in addition to glial cells of pons, medulla oblongata, and especially Bergmann glia of cerebellum. Moreover, to investigate how DAO expression level is altered in schizophrenia, we performed immunohistochemistry in the human brain. In agreement with the results in the rat brain, the immunoreactivity for DAO was detected in glial cells of rhombencephalon and in CP. Furthermore, higher level of DAO expression was observed in schizophrenic CP epithelial cells than that in non-schizophrenic cases. These results suggest that an increase in DAO expression in parts of the brain is involved in aberrant D-amino acid metabolism. In particular, gene expression of DAO in CP suggests that DAO may regulate D-amino acid concentration by modulating the cerebrospinal fluid and may be regarded as a potential therapeutic target for schizophrenia.

キーワード 推奨
  1. D-アミノ酸酸化酵素(D-amino acid oxidase)
  2. D-セリン代謝(D-Serine metabolism)
  3. 遺伝子発現(gene expression)
  4. 統合失調症(schizophrenia)
  5. 脈絡叢(choroid plexus)
  6. グルタミン酸性神経伝達(glutamatergic neurotransmission)
発行所 推奨 Springer Wien New York
誌名 必須 Journal of Neural Transmission([European Society for Clinical Neuropharmacology])
(pISSN: 0300-9564, eISSN: 1435-1463)
ISSN 任意 1435-1463
ISSN: 0300-9564 (pISSN: 0300-9564, eISSN: 1435-1463)
Title: Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)
Title(ISO): J Neural Transm (Vienna)
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer Wien
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 116
必須 10
必須 1335 1347
都市 任意
年月日 必須 2009年 9月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00702-009-0289-7    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19685198    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Enzyme Pathophysiology, The Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, 3-18-15 Kuramoto, Tokushima, 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't