徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [勢井 宏義]/Oishi Katsutaka/[近久 幸子]/[北岡 和義]/[武田 英二]/[石田 直理雄]/Diurnal amplitudes of arterial pressure and heart rate are dampened in Clock mutant mice and adrenalectomized mice./[Endocrinology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
193269
EOID
654077
Map
0
LastModified
2012年8月28日(火) 20:35:51
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
勢井 宏義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Oishi Katsutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北岡 和義([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 武田 英二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 石田 直理雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Diurnal amplitudes of arterial pressure and heart rate are dampened in Clock mutant mice and adrenalectomized mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Arterial pressure (AP), heart rate (HR), and cardiovascular diseases, including ischemic heart attack and cerebrovascular accident, show diurnal variation. Evidence that circadian-related genes contribute to cardiovascular control has been accumulated. In this study, we measured the AP and HR of Clock mutant mice on the Jcl/ICR background to determine the role of the Clock gene in cardiovascular function. Mice with mutated Clock genes had a dampened diurnal rhythm of AP and HR, compared with wild-type control mice, and this difference disappeared after adrenalectomy. The diurnal acrophase in both mean arterial pressure and HR was delayed significantly in Clock mutant mice, compared with wild-type mice, and this difference remained after adrenalectomy. Clock mutant mice had a lower concentration of plasma aldosterone, compared with wild-type mice. Our data suggest that the adrenal gland is involved in the diurnal amplitude, but not the acrophase, of AP and HR, and that the function of the Clock gene may be related to the nondipping type of AP elevation.

キーワード 推奨
  1. (英) Adrenalectomy
  2. (英) Animals
  3. (英) Blood Pressure
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 血圧 (blood pressure)
  4. (英) Circadian Rhythm
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Genotype
  7. (英) Heart Rate
  8. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  9. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  10. (英) Mice, Inbred BALB C
  11. (英) Mice, Inbred C57BL
  12. (英) Mice, Inbred ICR
  13. (英) Mice, Mutant Strains
  14. (英) Mutation
  15. (英) Trans-Activators
発行所 推奨
誌名 必須 Endocrinology([The Endocrine Society])
(pISSN: 0013-7227, eISSN: 1945-7170)
ISSN 任意 0013-7227
ISSN: 0013-7227 (pISSN: 0013-7227, eISSN: 1945-7170)
Title: Endocrinology
Title(ISO): Endocrinology
Publisher: Endocrine Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 149
必須 7
必須 3576 3580
都市 任意
年月日 必須 2008年 4月 10日
URL 任意
DOI 任意 10.1210/en.2007-1714    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18403480    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Integrative Physiology, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan. sei@basic.med.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't