徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 宮内 宏哉/中西 貞博/[山本 孝]/河合 潤/実験室系X線吸収分光分析装置を用いる土壌及びプラスチック中クロムの価数評価/[分析化学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
192484
EOID
907189
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:07:40
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山本 孝
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 宮内 宏哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 中西 貞博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 山本 孝([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座]/電気通信大学燃料電池イノベーション研究センター 客員准教授)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 河合 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Analysis of Valence for Chromium in Soil and Plastic Samples Using Laboratory XAFS Spectrometer

(日) 実験室系X線吸収分光分析装置を用いる土壌及びプラスチック中クロムの価数評価

副題 任意
要約 任意

(英) Hexavalent {Cr(VI)} and trivalent chromium {Cr(III)} in environmental materials such as soil and plastics were investigated using a laboratory X-ray absorption fine structure (XAFS) spectrometer equipped a W anode X-ray tube. The Cr-K X-ray absorption edges were observed on the XANES spectra of soil (total chromium 606 ppm) and plastic (213 ppm) samples with a fluorescence mode, while the signal-to-noise (SN) ratios of these spectra were too low to determine the height of pre-edge peak of Cr(VI) and the value of the energy on the Cr-K X-ray absorption edge. The XANES spectra of reference samples prepared by Cr2O3 {Cr(III)} and CrO3 {Cr(VI)} particle reagents were also recorded with the transmission mode. In order to improve the SN ratios of XANES spectra, a smoothing treatment by Savitzky-Golay method was applied to the XANES spectra of the soil and plastic samples. By the smoothing treatment, SN ratios of these spectra were improved, though the height of pre-edge peak on the XANES spectra of Cr(VI) reference sample had decreased less than 5%. The height of pre-edge peak and the value of the energy on the Cr-K X-ray absorption edge of soil and plastic samples were given by smoothed XANES spectra. Using the height of pre-edge peak and the value of the energy on the Cr-K X-ray absorption edge of reference samples, the ratios of Cr(VI)/Cr(III) on the soil and plastic samples were calculated.

キーワード 推奨
  1. (英) laboratory XAFS
  2. (英) XANES
  3. (英) hexavalent chromium
  4. (英) soil
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 土構造物 (soil structure)
    [キーワード] 土質力学 (soil mechanics)
  5. (英) plastic
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 可塑性 (plasticity)
    [キーワード] 塑性 (plasticity)
    [キーワード] プラスチック (plastics)
    [キーワード] ホメオスタシス可塑性 (homeostatic plasticity)
発行所 推奨 日本分析化学会
誌名 必須 分析化学([日本分析化学会])
(pISSN: 0525-1931)
ISSN 任意 0525-1931
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 58
必須 4
必須 321 325
都市 任意
年月日 必須 2009年 4月 5日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10025978842/
DOI 任意 10.2116/bunsekikagaku.58.321    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10025978842
WOS 任意 000266967400018
Scopus 任意
機関リポジトリ 111235
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意