徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [竹内 久裕]/[坂東 永一]/[安陪 晋]/顎運動解析パラメータの標準化に関する検討/[日本補綴歯科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
191476
EOID
803187
Map
0
LastModified
2015年11月27日(金) 16:42:32
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安陪 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 日本補綴歯科学会
著者 必須
  1. 竹内 久裕
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 坂東 永一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 安陪 晋([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Studies on the Standardization of Parameters ofr Jaw Movements Analysis

(日) 顎運動解析パラメータの標準化に関する検討

副題 任意

(英) - Jaw Movement analysis at the Incisal Point-

(日) ー切歯点における限界運動路解析ー

要約 任意

(英) Purpose: To establish standardized evaluating methods for jaw movements analysis independently of the reference coordinate system. In this paper, we focused on the analysis of incisor point paths of border movements. Then we investigated parameters that are independent of the reference coordinate system and can be utilized among different systems.Methods: Recorded data of jaw border movements from 20 healthy male adults were employed as basic samples. First, the effects of changes of the reference coordinate systems on the analysis were investigated. Second, the line between incisor points at the intercuspal position and the maximal mandibular opening position was used as the reference line. Then the area index of incisor paths was calculated with the length of the perpendicular line dropped from the incisor point to the reference line and the displacement of the foot of the perpendicular.Results: Changes of the spatial relation between a reference plane of the coordinate system and border movements pathways had an effect on a measured area of projected pathways, about 2%-5% differences of projected area on the frontal plane with 10 degrees rotation around a horizontal axis. The area index of incisor paths showed close correlation with the actual area of a 3-dimensional plane bounded by the incisor path [sagittal border movement: ϱ = 0.53 (p = 0.016), left border opening pathway: ϱ = 0.97 (p < 0.001), right border opening pathway: ϱ = 0.98 (p < 0.001), Spearman rank correlation].Conclusion: The results suggest that new parameters could measure jaw border movements quantitatively independent of the reference coordinate system.

(日) 目的 : 本研究では, 解析時の基準座標系が異なっても利用可能な顎運動の評価基準を確立することを目的とし, 切歯点限界運動経路を対象として新たな解析パラメータについて検討を行った.方法 : 顎口腔系に特に異常を認めない成人男性20名 (平均年齢25.0 ± 8.2歳) の限界運動データを使用した. 解析では, まず基準座標系の違いの影響を検討するため, 基準面の傾きと投影面積の変化について検討した. 次に咬頭嵌合位と最大開口位を結んだ線を基準線とし, 各顎位からこの直線への垂線を計測して, 垂線の足の移動距離と垂線の長さから切歯点運動範囲指数を求めた. この指数の妥当性については, 三次元空間内での運動経路範囲を三次元曲面面積として計測した値との相関を求め検証した.結果 : 前頭面投影図面積は, 運動経路と前頭面の角度的関係が10度変化すると2%∼5%程度の影響を受けることが明らかとなった. 一方, 新たに求めた切歯点運動範囲指数は, 限界運動路で囲まれた面の三次元曲面面積と有意な相関を示した (矢状面内限界運動, ϱ = 0.53 (p = 0.016), 左側方限界開口路, ϱ = 0.97 (p < 0.001), 右側方限界開口路, ϱ = 0.98 (p < 0.001), Spearman rank correlation).結論 : 新たに考案したパラメータは, 基準座標系に依存することなく三次元的な限界運動経路を数値化することが可能であることが示された.

キーワード 推奨
  1. 顎運動(jaw motion/->キーワード[顎運動])
  2. 顎口腔機能(stomatognathic function)
発行所 推奨 (英) Japan Prosthodontic Society / (日) 社団法人日本補綴歯科学会
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[組織] 日本補綴歯科学会
誌名 必須 日本補綴歯科学会雑誌([日本補綴歯科学会])
(pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
ISSN 任意 0389-5386
ISSN: 0389-5386 (pISSN: 0389-5386, eISSN: 1883-177X)
Title: Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Hotetsu Shika Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人日本補綴歯科学会
Publisher: Nihon Hotetsu shika Gakkai/Japan Prosthodontic Society
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 52
必須 3
必須 311 320
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2008年 7月 10日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10029763391/
DOI 任意 10.2186/jjps.52.311    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10029763391
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意