徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 中尾 賢一/[石田 啓祐]/[西山 賢一]/森江 孝志/吉野川谷,美馬町中上の土柱層から見出された高度変成岩礫/[徳島大学総合科学部自然科学研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
191376
EOID
877328
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:56:18
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石田 啓祐
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 中尾 賢一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 石田 啓祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 西山 賢一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.地球科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 森江 孝志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Gravels of high-grade metamorphic rocks from the Dochu Formation, Nakaue, Yoshinogawa Valley, East Shikoku, Japan

(日) 吉野川谷,美馬町中上の土柱層から見出された高度変成岩礫

副題 任意
要約 任意

(英) A condensed bed of the gravels derived from high-grade metamorphic rocks has firstly found in the lower Pleistocene Dochu Formation, from the Nakaue outcrop, Mima-cho in Tokushima Prefecture. The metamorphic gravels are garnet amphibolite, spotted amphibolite, serpentinite and coase grained piedmontite-quartz schist.The content of the metamorphic gravels is nearly 10 percent. Comparison with the modern original gravels, based on the mineral composition and rock texture on the slab, the metamorphic gravels were identified with the Sambagawa Metamorphic Rocks. Among them, garnet amphibolite and spotted amphibolite are high-grade metamorphic rocks that the modern distribution is restricted only in the Higashi Akaishi-yama district, central Shikoku, and the amphibolite gravels are rarely found in recent Yoshino-gawa riverbed around the Mima-choarea. The Nakaue outcrop and gravels of high-grade metamorphic rocks were described, and the provenance of the gravels was discussed with tectonic and geomorphological respects.

(日) 調査地域の吉野川北岸に分布する下部鮮新統の土柱層には,高度変成岩類の巨礫が多く含まれることを見いだし,記載した.高度変成岩礫は,ざくろ石角閃岩,点紋角閃岩,蛇紋岩などからなり,南岸の三波川帯にけるそれらの現在の分布は,吉野川支流銅山川最上流の東赤石山周辺に限られることを指摘し,鮮新—更新世の構造運動や吉野川流路の変遷との関係で,高度変成岩礫の由来とその後背地の可能性を考察した.

キーワード 推奨
  1. (日) 三波川変成岩
  2. (日) 土柱層
  3. (日) 変成岩礫
  4. (日) ざくろ石角閃岩
  5. (日) 点紋角閃岩
発行所 推奨 (英) The University of Tokushima / (日) 徳島大学
誌名 必須 徳島大学総合科学部自然科学研究([徳島大学.総合科学部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 23
必須 1
必須 7 11
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2009年 3月 16日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008703161/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110008703161
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 62929
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意