徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中川 敬三]/谷本 裕亮/[外輪 健一郎]/[杉山 茂]/竹中 壮/岸田 昌浩/Effects of Organosilica-derived Microporous Coverage of Carbon-supported Pt Catalysts on Dehydrogenation of Cyclohexane/[Chemistry Letters]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188733
EOID
884560
Map
0
LastModified
2018年1月18日(木) 17:02:48
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
外輪 健一郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術レター(ショートペーパー)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 大学院ソシオテクノサイエンス研究部.先進物質材料部門(2006年4月1日〜)
著者 必須
  1. 中川 敬三
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tanimoto Yusuke / (日) 谷本 裕亮 / (読) たにもと ゆうすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《谷本 裕亮 (Tanimoto Yusuke) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《谷本 裕亮 (Tanimoto Yusuke) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 外輪 健一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takenaka Sakae / (日) 竹中 壮 / (読) たけなか さかえ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kishida Masahiro / (日) 岸田 昌浩 / (読) きしだ まさひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《岸田 正博 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《岸田 正博 () @ 工学部 [学部学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Effects of Organosilica-derived Microporous Coverage of Carbon-supported Pt Catalysts on Dehydrogenation of Cyclohexane

副題 任意
要約 任意

(英) Pt catalysts covered with an organosilica layer containing phenyl and or methyl groups showed higher conversion in the dehydrogenation of cyclohexane, compared with a Pt catalysts covered with a silica layer containing no functional groups. Micropores formed in the organosilica layer due to the decomposition of functional groups by heat treatment resulted in this increase in catalytic activity which is dependent on the functional groups contained in the organosilica layer.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 日本化学会
誌名 必須 Chemistry Letters([社団法人 日本化学会])
(pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)
ISSN 任意 0366-7022
ISSN: 0366-7022 (pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)
Title: Chemistry letters
Title(ISO): Chem. Lett.
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 38
必須 5
必須 480 481
都市 任意
年月日 必須 2009年 4月 18日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10025122112/
DOI 任意 10.1246/cl.2009.480    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10025122112
WOS 任意 000267362100046
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意