徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 秋山 孝正/安田 幸司/[奥嶋 政嗣]/椎谷 拓也/都市高速道路乗り継ぎ制における最適設定方法についての研究/[土木学会論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188484
EOID
774520
Map
0
LastModified
2015年4月16日(木) 15:06:07
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 社団法人 土木學會
著者 必須
  1. (日) 秋山 孝正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 安田 幸司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 椎谷 拓也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) OPTIMAL ALLOCATION PROBLEM IN THE DIVERSION SYSTEM ON URBAN EXPRESSWAY

(日) 都市高速道路乗り継ぎ制における最適設定方法についての研究

副題 任意

(英) -

要約 任意

(英) The diversion system on urban expressway has been proposed as a measure to dissolve the traffic congestion in city centre. The system can be determined as a method of traffic management with the promotion for detour from congested sections. Firstly, the fundamental concept of diversion system is described. Impact of the diversion system implementation can be evaluated with the stochastic traffic assignment. Secondly, the optimal implementation of diversion system would be discussed with empirical studies. The diversion system on Hanshin Expressway is assumed as a real size network. The genetic algorithm is applied to search the optimal solution of allocation for the diversion system. It would be concluded that the optimal implementation of the diversion system can provide the efficient traffic as a practical traffic management method.

(日) 都市高速道路の都心部の混雑緩和方策として,一般道路との関係を考慮した乗り継ぎ制が検討されている.これは,都市高速道路の均一料金制を前提とした特別措置である乗り継ぎ制を混雑部分の迂回促進を意図した交通管理に応用しようとするものである.本研究では,現実的な道路網を対象として検討を行う.このため,まず乗り継ぎ制の基本的概念について述べるとともに,乗り継ぎ制に関する既存研究の整理を行う.つぎに,現実的な例として阪神高速道路および関連道路網をとりあげ,交通均衡状態を基本とした乗り継ぎ制の最適導入ランプペアの設定について検討する.このとき,乗り継ぎ制の運用計画面で重要となる乗り継ぎ地点の最適配置の問題を具体的に検討するため遺伝的アルゴリズムを利用する.

キーワード 推奨
  1. (英) urban expressway
  2. (英) diversion system
  3. (英) genetic algorithm
  4. (英) traffic assignment
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集([社団法人 土木學會])
(pISSN: 0289-7806, eISSN: 1882-7187)
ISSN 任意 0289-7806
ISSN: 0289-7806 (pISSN: 0289-7806, eISSN: 1882-7187)
Title: 土木学会論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 751
必須 IV-62
必須 13 25
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2004年 1月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10012485790/
DOI 任意 10.2208/jscej.2004.13    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10012485790
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意