徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [奥嶋 政嗣]/秋山 孝正/交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討/[交通学研究 : 研究年報]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188470
EOID
912253
Map
0
LastModified
2018年7月2日(月) 18:49:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 秋山 孝正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討

副題 任意

(英) -

要約 任意

(日) 対距離料金制度として,数種類の料金設定方法を提案する.具体的には直線的変化する距離比例料金から連続的変化する関数型料金まで段階的に具体的な料金設定方法に関する検討を行う.これらの対距離料金制度の料金設定について,社会的な効率性などの観点から有効性を検討する.最終的に,都市道路網を対象とした交通均衡分析に基づき,各種の指標を検討することで,対距離料金制度の料金設定について,具体的な特徴を実証的に整理することができる.本研究では,都市高速道路の具体的な対距離料金制度導入に関して交通現象解析にもとづき,社会的便益の増加と現実的料金設定の視点から検討を行う.したがって最終的には,都市高速道路に対する対距離料金制度導入に有効性が期待できることを示す.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (日) 日本交通学会
誌名 必須 交通学研究 : 研究年報(日本交通学会)
(pISSN: 0387-3137)
ISSN 任意 0387-3137
ISSN: 0387-3137 (pISSN: 0387-3137)
Title: 交通学研究
Supplier: 学術雑誌目次速報データベース由来
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 49
必須 -
必須 81 90
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2006年 3月 28日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/40015256338/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40015256338
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意