徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Errampalli Madhu/[奥嶋 政嗣]/Akiyama Takamasa/Evaluation of Public Transport Policy by Microscopic Simulation Model/[土木計画学研究·論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188467
EOID
562964
Map
0
LastModified
2011年3月6日(日) 21:43:39
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 社団法人 土木學會
著者 必須
  1. (英) Errampalli Madhu / (日) Errampalli Madhu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Akiyama Takamasa / (日) Akiyama Takamasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Evaluation of Public Transport Policy by Microscopic Simulation Model

副題 任意
要約 任意

(英) The main objective of this study is to provide a basis to evaluate bus priority policies especially bus lane and public transport priority at signal by developing microscopic traffic simulation model. Fuzzy reasoning has been considered in lane change and route choice behaviour. The lane change model with fuzzy reasoning seems to be estimating the lane changing behaviour more realistically. The results show the superiority of priority bus lane option over the exclusive bus lane option. In case of priority at signal options, curtailing red phase and extending green phase has been drawing more benefits compared to other options considered.

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木計画学研究·論文集([社団法人 土木學會])
ISSN 任意
必須 23
必須 4
必須 945 953
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2006年 9月 30日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意