徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 秋山 孝正/[奥嶋 政嗣]/和泉 範之/マルチエージェント型ファジィ交通行動モデルの提案/[土木計画学研究·論文集]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188460
EOID
774542
Map
0
LastModified
2015年4月16日(木) 15:40:12
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 社団法人 土木學會
著者 必須
  1. (日) 秋山 孝正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 和泉 範之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Multi-Agent Simulation Model for Fuzzy Travel Behaviour Analysis

(日) マルチエージェント型ファジィ交通行動モデルの提案

副題 任意

(英) -

要約 任意

(英) The essential points of multi-agent simulation can be summarized that the social structure canbe emerged as population behaviour through the interaction of agents in the environment according to the determined rules depending on the acquired information and knowledge of agents. The decision of each agent for day to day travel is formulated in the agent model corresponding to the congestion charging scheme. Each agent should have different preference to the alternatives oftips. On the other hand, traffic flow on urban network should be estimated summarizing the individual behaviours of commuter in the integrated model as previously mentioned. Therefore, the simulator artificial transport society consists of two interactive procedures such as travel behaviour estimation and agent day to day decision. Furthermore, the day to day transport phenomena can be monitored through the display illustration based on GIS software.

(日) 都市圏の交通行動に関する基本データであるパーソントリップ調査から,交通行動モデルを構築するため近年の計算機技術を有機的な利用を検討した.特に空間的な詳細情報(GIS情報)を交通行動データと統合し,交通行動パターン推計の精緻化を行った.さらに,交通行動者をエージェントとする都市圏全体の交通現象をシミュレートするためのマルチエージェントモデルを作成する.ここではいわゆる還元論的な交通需要予測モデルではなく,複雑系として都市交通現象を表現することによって,交通行動者の局所的意思決定が大域的な都市交通に与える影響を検討するための,具体的なモデル化の方法を提案するとともに交通政策評価への適用性を論じる.

キーワード 推奨
  1. (日) 交通行動モデル
  2. (日) 複雑系
  3. (日) マルチエージェント
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木計画学研究·論文集([社団法人 土木學會])
ISSN 任意 0913-4034
ISSN: 0913-4034 (pISSN: 0913-4034, eISSN: 1884-8303)
Title: 土木計画学研究・論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 24
必須 3
必須 489 498
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2007年 9月 30日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130003840354/
DOI 任意 10.2208/journalip.24.489    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130003840354
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意