徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [奥嶋 政嗣]/秋山 孝正/ニューロ的ファジィモデルによる交差点の交通安全度評価/[知能と情報]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
188451
EOID
759557
Map
0
LastModified
2014年12月2日(火) 17:32:41
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 秋山 孝正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) ニューロ的ファジィモデルによる交差点の交通安全度評価

副題 任意

(英) -

要約 任意

(日) 都市道路網において有効な交通安全対策を実施するためには,交差点の交通安全性の評価が極めて重要である.特に都市道路網では交通流動変化や交通安全対策の実施など時間的・空間的な複雑な条件変化から交通事故多発交差点が特定される.さらに交通事故の詳細原因解明には経験的専門的知識が必要となる.このため本研究では,経年的な条件変化と交差点条件に基づく交差点安全性の推移をニューロ的ファジィモデルにより知識ベース化する.一方で交通安全対策の経年的効果の低下など安全性評価指標の内包する設定値を実証的に決定する必要がある.このためニューロ的ファジィモデル規定のための設定値をGAにより最適化する2重構造の推定手順を提案する.本モデルの構築により,時間的空間的な変化を踏まえて,高精度な交差点群の交通事故推計が可能となる.最終的に交通事故頻度と経済的損失を踏まえた妥当な交通安全対策立案のために有益な資料が提供される.

キーワード 推奨
  1. (日) ニューロ的ファジィ
  2. (日) 交通事故推計
  3. (日) 知識ベース
  4. (日) 遺伝的アルゴリズム
  5. (英) Fuzzy Neuro
  6. (英) Traffic Accident Estimation
  7. (英) Knowledge Base
  8. (英) Genetic Algorithm
発行所 推奨 (日) 日本知能情報ファジィ学会
誌名 必須 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会)
(pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
ISSN 任意 1347-7986
ISSN: 1347-7986 (pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
Title: 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌
Supplier: 日本知能情報ファジィ学会
Publisher: Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 20
必須 6
必須 934 943
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2008年 12月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007008397/
DOI 任意 10.3156/jsoft.20.934    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110007008397
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意