徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [北岡 和義]/内田 薫/岡本 直子/[近久 幸子]/宮崎 寿次/[武田 英二]/[勢井 宏義]/Fermented ginseng improves the first-night effect in humans/[Sleep]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
187524
EOID
663410
Map
0
LastModified
2012年10月4日(木) 15:24:46
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
北岡 和義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 生理機能学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 統合生理学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  3. 臨床食管理学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. 北岡 和義([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Uchida Kaoru / (日) 内田 薫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《内田 薫 (Uchida Kaoru) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《内田 薫 () @ 医学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Okamoto Naoko / (日) 岡本 直子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《岡本 直子 (Okamoto Naoko) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《岡本 直子 () @ 医学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《岡本 直子 (Okamoto Naoko) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《岡本 直子 () @ 総合科学部 [学部学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Miyazaki Toshitsugu / (日) 宮崎 寿次
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 武田 英二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Fermented ginseng improves the first-night effect in humans

副題 任意
要約 任意

(英) The goal of this study was to clarify whether ginseng fermented by lactic acid bacteria (fermented ginseng, FG), can improve the first-night effect (FNE) in humans. Behavioral tests and quantification of mRNA expression related to GABAergic neurotransmission in brain (glutamic acid decarboxylase 1, gamma-aminobutyrate aminotransferase [Abat], gamma-aminobutyric acid transporter 1 [GAT1], gamma-aminobutyric acid transporter 4, gamma-aminobutyric acid A receptor subunit alpha 1 and gamma-aminobutyric acid A receptor subunit alpha 2) were carried out in FG-treated mice. We also performed double-blind sleep recordings of human subjects given FG or placebo. A university-based sleep laboratory. Sixteen healthy male volunteers (aged 20.69 +/- 0.44 years) were observed in the human study. At the end of administration, 2 consecutive all-night polysomnography recordings were performed. Subjects also completed psychological questionnaires, and urine and saliva samples were taken to analyze stress-sensitive markers. The light-dark transition test demonstrated that FG had some anxiolytic effect in mice, but other anxiety measures were unaffected. The hippocampal mRNA expression showed a decrease of Abat and GAT1 suggesting an increase of GABA. Other regions (amygdala and cerebellum) showed no differences. Furthermore, there was some evidence (using simple pairwise comparisons but not supported in the full ANOVA model) that administration of FG tended to diminish decreases in total sleep time and sleep efficiency (seen as first night effects in the placebo group) without affecting sleep architecture. Our results suggest the administration of FG could improve the FNE in humans. The improvement may be related to an anxiolytic effect of FG which acts via GABAergic modification.

キーワード 推奨
  1. 睡眠(sleep)
発行所 推奨
誌名 必須 Sleep(Associated Professional Sleep Societies)
(pISSN: 0161-8105, eISSN: 1550-9109)
ISSN 任意 0161-8105
ISSN: 0161-8105 (pISSN: 0161-8105, eISSN: 1550-9109)
Title: Sleep
Title(ISO): Sleep
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 32
必須 3
必須 413 421
都市 任意
年月日 必須 2009年 3月 1日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 19294962    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000263705500016
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Integrative Physiology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Randomized Controlled Trial

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  5. (英) OtherID: PMC2647796