徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [劉 莉]/[坂井 隆志]/[チャン ホアンナム]/坂井 利佳/[梶 龍兒]/[福井 清]/Nucling interacts with nuclear factor-B, regulating its cellular distribution/[The FEBS Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
187089
EOID
850126
Map
0
LastModified
2017年3月13日(月) 16:07:11
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. 劉 莉([分子酵素学研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. チャン ホアンナム([徳島大学.高等教育研究センター.学修支援部門]/[徳島大学.国際センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Mukai-Sakai Rika / (日) 坂井 利佳 / (読) さかい りか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《坂井 理香 (Sakai Rika) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Nucling interacts with nuclear factor-B, regulating its cellular distribution

副題 任意
要約 任意

(英) Nucling is an Apaf1-binding proapoptotic protein involved in apoptosome-mediated apoptosis. Luciferase assays have revealed that the activation of nuclear factor-kappaB induced by tumor necrosis factor-alpha, interleukin-1beta and lipopolysaccharide is downregulated by the overexpression of Nucling in HEK293 cells. Moreover, the expression of endogenous cyclooxygenase 2, tumor necrosis factor-alpha and galectin-3, the end-point molecules in the pathway for the activation of nuclear factor-kappaB, as well as nuclear factor-kappaB (p65) itself, is upregulated in Nucling gene-deficient mouse embryonic fibroblasts, suggesting that nuclear factor-kappaB is a target of Nucling. Subsequent study has revealed that Nucling physically interacts with nuclear factor-kappaB (p65 and p50) and that the binding domain of Nucling is its amino-terminal region (amino acids 1-466) containing ankyrin repeats. Overexpression of Nucling prevents the translocation of nuclear factor-kappaB into the nucleus. In addition, the cytoplasmic retention of endogenous nuclear factor-kappaB in resting cells is not observed in Nucling gene-deficient mouse embryonic fibroblasts. These results reveal a novel function of Nucling as a suppressor of nuclear factor-kappaB, mediated by its cytoplasmic retention through physical interaction.

キーワード 推奨
  1. IκBα(IκBα)
  2. nuclear factor κB(nuclear factor κB)
  3. 核移行(nuclear translocation)
  4. ヌクリング(nucling)
  5. tumor necrosis factor-α(tumor necrosis factor-α)
発行所 推奨 Wiley-Blackwell
誌名 必須 The FEBS Journal([Federation of European Biochemical Societies])
(pISSN: 1742-464X, eISSN: 1742-4658)
ISSN 任意 1742-4658
ISSN: 1742-464X (pISSN: 1742-464X, eISSN: 1742-4658)
Title: The FEBS journal
Title(ISO): FEBS J.
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 276
必須 5
必須 1459 1470
都市 任意 ホボケン(Hoboken/[アメリカ合衆国])
年月日 必須 2009年 3月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/j.1742-4658.2009.06888.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19187222    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-60349104730
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Enzyme Pathophysiology, Institute for Enzyme Research, University of Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't