徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/環境マネジメント特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185748
EOID
449772
Map
0
LastModified
2009年3月10日(火) 10:32:47
Operator
山本 裕史
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学教育部(授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 環境マネジメント特論 / (読) かんきょうまねじめんととくろん
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 濵野 龍夫([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])
    肩書 任意
  2. 山本 裕史
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 人間活動に伴って発生する地域および地球環境問題について構造的に学習し,環境管理手法である環境マネジメントシステムについて学び,低炭素・循環型で環境負荷の少ない社会を構築し,よりよい地域環境ならびに地球環境を創造するために必要なライフスタイルについて理解する.

概要 必須

(日) 浜野龍夫(15回のうち8回を担当)地域や地球環境問題について説明し,自然豊かな地域特性を考慮し生態学や農学の観点を取り入れ,環境マネジメントシステムについて講義する.農林水産業の観点から,地域が抱える環境問題,特に河川流域や沿岸域の環境を保全し持続的な生産力を維持するために必要な環境マネジメントについて検討する. 山本裕史(15回のうち7回を担当)環境科学・環境工学的観点からエネルギー問題,廃棄物の処理処分の現状とLCA,循環型社会構築のための3Rとそれを実現するためのライフスタイルについて,環境科学・環境工学的観点を取り入れ,講義する.

キーワード 推奨
  1. (日) 循環型社会
  2. (日) ISO14000シリーズ
  3. (日) 第一次産業
  4. (日) ライフサイクルアセスメント
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 環境科学([2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/地域創生分野/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(文系)/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/基盤科学分野(理系)/[博士前期課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学教育部.臨床心理学専攻]/[博士前期課程]])
    関連度 任意
  2. 環境政策特論([2009/[徳島大学.総合科学教育部.地域科学専攻]/環境共生分野/[博士前期課程]])
    関連度 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 環境マネジメントの国際規格ISO14000シリーズや循環型社会の現状と課題について基礎知識を得る

計画 必須
  1. (日) 環境マネジメントの必要性(浜野)

  2. (日) 大気循環の環境問題(浜野)

  3. (日) 水と土壌の環境問題(浜野)

  4. (日) 有害化学物質のマネジメントについて-化審法,農薬取締法,毒劇法など(山本)

  5. (日) 有害化学物質のマネジメントについて-PRTR,大気汚染防止法,水質汚濁防止法など(山本)

  6. (日) 廃棄物の処理処分(山本)

  7. (日) 環境マネジメントシステム-ISO14001規格の概要(浜野)

  8. (日) 環境マネジメントシステム-環境監査,環境ラベル,環境パフォーマンス(浜野)

  9. (日) 環境マネジメントシステム-ライフサイクルアセスメントとインベントリー解析(山本)

  10. (日) 環境マネジメントシステム-環境側面と環境影響評価(浜野)

  11. (日) 環境マネジメントシステム-地域における取り組み例(浜野)

  12. (日) 従来型エネルギーと新エネルギーについて(山本)

  13. (日) 循環型社会とは(山本)

  14. (日) 循環型社会実現のために(山本)

  15. (日) 科学の限界域と環境マネジメント(浜野)

評価 必須

(日) 課題・レポート・試験等を総合的に判断する. (浜野担当分50%,山本担当分50%)

再評価 必須
教科書 必須
  1. (日) 環境工学∼これからの都市環境とその創造のために(理工図書)住友恒ら

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 山本 裕史
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意