徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生活と社会/社会学概論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185660
EOID
444938
Map
0
LastModified
2009年2月13日(金) 19:17:03
Operator
妹尾 禎之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Introduction to Sociology / (日) 社会学概論 / (読) しゃかいがくがいろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 樫田 美雄
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 現代社会および社会学についての基礎的な知識,考え方を学ばせる.

概要 必須

(日) 社会学史,社会学研究法,家族社会学,福祉社会学,理論社会学の諸トピックを横断的に行き来しながら,現代社会の特徴を理解させ,学問を生活に生かす態度を身につけさせる.必要に応じて裁判所見学,生命保険講座,ユニバーサル徳島マップを用いた街歩きなどを織り交ぜて学生が飽きないよう努力する.

キーワード 推奨
  1. 社会調査(social survey)
  2. (日) 市民社会 / (読) しみんしゃかい
  3. (日) 相互行為秩序 / (読) そうごこういちつじょ
  4. (日) 福祉社会 / (読) ふくししゃかい
  5. (日) 知的生産 / (読) ちてきせいさん
  6. (日) ユニバーサル・デザイン / (読) ゆにばーさる でざいん
  7. (日) コミュニケーション秩序 / (読) こみゅにゅけーしょんちつじょ
先行科目 推奨
  1. 生活と社会/ボランティア論([2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 生活と社会/ボランティア実践([2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]])
    関連度 任意
要件 不用

(日) 履修人数が10人を越えた場合は,班別に各章を割り振って,課題報告を電子メールでしてもらうので,そのような自宅学習に対する十分な意欲があることと,班活動をするコミュニケーション能力を備えていることが履修要件となる.

注意 任意

(日) 初回から実質的な授業を行う.欠席者には理由を問う.

目標 必須
  1. (日) 世界を社会学的観点から見る力を獲得し,社会学的に考える習慣をもてるようになる.

  2. (日) 第2世代(ウエーバー,デュルケーム,ジンメル)以降の社会学者について基礎的知識を持つ.

  3. (日) ライフコース的観点から自分の人生を振り返ることができる.

  4. (日) ユニバーサルデザインについてバリアフリーとの相違などを実践的に理解し,解説できる.

計画 必須
  1. (日) イントロダクション:社会学と市民社会

  2. (日) 相互行為秩序.電車の社会学,携帯の社会学

  3. (日) 相互行為と自己.ジンメル,ミード,パーソンズ,ゴッフマン

  4. (日) 恋愛と結婚,または,家族社会学

  5. (日) 裁判所訪問1:予習(制度の社会学)

  6. (日) 裁判所訪問2:復習(現代福祉社会と裁判)

  7. (日) 社会秩序と権力,ホッブス秩序問題.

  8. (日) 暮らしの中の保険:あるいは,保険社会学

  9. (日) 看取り,葬儀,追悼,あるいは,死の社会学1

  10. (日) 看取り,葬儀,追悼,あるいは,死の社会学2

  11. (日) 言いにくいことを言うこと,コミュニケーションの社会学1

  12. (日) bad news telling,コミュニケーションの社会学2

  13. (日) メディアとコミュニケーション

  14. (日) 総復習(公認カンニングペーパーによる)

  15. (日) 試験(公認カンニングペーパー方式)

  16. (日) 試験解説

評価 必須

(日) 毎週の課題等に基づく点が20%,授業への取り組みが20%,試験が60%.ただし,理解の様子から必要と判断された場合にはレポートを課す場合もある.

再評価 必須

(日) 再試験は行わない.

対象学生 不用

(日) 全学部・全学科の学生に開かれている

教科書 必須
  1. (日) 長谷川公一・浜日出夫・藤村正之・町村敬志著『社会学』有斐閣.3500円+税

参考資料 推奨
  1. (日) 平 英美・中河 伸俊編『新版 構築主義の社会学』世界思想社.

  2. (日) 山崎 敬一編『実践エスノメソドロジー入門』有斐閣.

  3. (日) メイナード著樫田美雄・岡田 光弘訳『医療現場の会話分析』勁草書房.

  4. (英) ( : )

    (日) エマーソン,フレッツ&ショー著『方法としてのフィールドワーク』新曜社.

URL 任意 http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/social/
連絡先 推奨
  1. 樫田 美雄
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日午後2時から3時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本授業は,社会福祉主事任用資格に認定されるものとして厚生労働省において例示された科目名と同一であるため,他の必要な科目を履修した場合,「心理学概論」同様,任用資格必要単位の一部として活用できる.詳しくは担当教官にといあわせること.指名された学生は,授業開始までの間に,必ずその週の課題の回答を黒板に書いておくこと(あるいは,電子メールで,事前送信しておくこと).休講に対応して必ず補講は行うので掲示に注意すること.授業は厳しいが楽しいものでもあったとさいごに思ってもらえるよう工夫する.