徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/自然と技術/相対論入門

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185552
EOID
443404
Map
0
LastModified
2009年2月6日(金) 09:59:14
Operator
妹尾 禎之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Science and Technology / (日) 自然と技術 / (読) しぜんとぎじゅつ
題目 必須 (英) Introduction to Special Relativity / (日) 相対論入門
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 中山 信太郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 科学としての物理的方法論について解説する.物理法則の認識と法則化を経て得られた自然観について理解することを目的とする.物理学の中でもなじみ深い力学を通して,その法則が確立される過程から相対論に至るまでを説明し,自然界を記述する時間と空間について考える.

概要 必須

(英) 200 1

(日) 自然界における光の振る舞いは,200年もの間さまざまな検証に耐えてきたニュートンの自然観を根底から覆した.その1つは光速度不変性である.これをもとにした自然観が相対論である.力学の諸法則を概説した後,相対論の原理である光速度不変性が導かれた過程を解説する.力学の諸法則を相対論をもとにながめ,その描く自然観を説明する.

キーワード 推奨
  1. (日) 光と観測
  2. (日) 慣性系
  3. (日) ガリレイ変換
  4. (日) 光速度不変性
  5. (日) ローレンツ変換
  6. (日) 質量とエネルギー
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 1年前期に「力学」を履修していることが望ましい.講義ノートを準備する.

目標 必須
  1. (日) ニュートンの運動法則を式で表現できるようになる.

  2. (日) 相対論の原理である光速度不変性について理解する.

  3. (日) ニュートンとアインシュタインの自然観の違いを理解する.

計画 必須
  1. (日) 相対論とは

  2. (日) 自然を見ること,自然界の広がり

  3. (日) 慣性と力の認識

  4. (日) ニュートンの自然観

  5. (日) 万有引力の法則

  6. (日) 光の性質

  7. (日) 光速度の測定

  8. (日) 光速度の不変性

  9. (日) アインシュタイの相対論

  10. (日) ローレンツ収縮

  11. (日) 空間・時間の相対性

  12. (日) 速度合成則

  13. (日) 質量の相対性

  14. (日) 質量とエネルギー

  15. (日) 期末試験

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 毎講時小テストを行う.レポートを1つ提出してもらう.小テストとレポートの中から試験問題を出す.以上を総合評価して成績を出す.

再評価 必須

(日) 小テストやレポートが一定水準に達していれば再試験を認めることがある.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用しない.毎講時プリントを配布する.

  2. (日) 参考書:アインシュタイン著 内山龍雄訳「相対性理論」岩波文庫 , 「理工系の基礎教育 物理学」大槻義彦著,学術図書出版社 (力学で用いた教科書)

  3. (日) 松田·二間瀬著「なっとくする相対性理論」講談社

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 中山 信太郎
    オフィスアワー 任意

    (日) 在室時いつでも質問可.水曜日16:30∼17:30スタジオで質問に応じる

科目コード 推奨
備考 任意