徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/人間と生命/古代ギリシアの人と思想

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185547
EOID
439493
Map
0
LastModified
2009年1月24日(土) 22:43:13
Operator
吉田 昌市
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) Greek Philosophers / (日) 古代ギリシアの人と思想
形態 推奨
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 吉田 昌市
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 古代ギリシアの思想のなかから,興味深いテーマや興味深い人物などを選んで授業を行う.歴史的な知識を得させることを目的とはしない.思想や哲学を学ぶということは,思想家,哲学者と言われる人々が書き残したものに触発され,自分でものを考えはじめることであろう.そのためには,彼らが書いたものをじっくりと読み,彼らの言葉に耳を傾けることが不可欠である.この授業を,そうした意味での読み,そして聴く時間にしたい.

概要 必須

(日) 上記の目的を達成するために,あるまとまった分量のテクストを,古代ギリシアを中心とした哲学者・思想家のなかから選んで,受講生諸君に提示する. 実際に読むのは受講生諸君みずからであり,教師は読むための手助けができるだけである.

キーワード 推奨
  1. 社会と自然(社会と自然)
  2. エロース(Eros)
  3. 論理(logic)
  4. (knowledge)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 授業の内容がまだすっかり固まっていませんので,上記の計画通りには行かないかもしれません. 時間に余裕があれば,「国家社会の問題:プラトン『国家』より」「神話と哲学:ヘシオドス『神統記』とミレトス学派」などを追加するかもしれません.

目標 必須
  1. (日) 既にもっている考えや立場を一度疑い,吟味する態度を,幾分かでも身につけること.

計画 必須
  1. (日) 人間を越えるもの:ヘラクレイトス,プラトン『パイドン』『ティマイオス』など

  2. (日) 人間を越えるもの(続):ヘラクレイトス,プラトン『パイドン』『ティマイオス』など

  3. (日) 論理:パルメニデスとゼノン

  4. (日) 論理(続):パルメニデスとゼノン

  5. (日) いかに生きるべきか(その一):「ノモスとピュシス」の思潮と『ソクラテスの弁明』

  6. (日) いかに生きるべきか(その二):「ノモスとピュシス」の思潮と『ソクラテスの弁明』

  7. (日) いかに生きるべきか(その三):「ノモスとピュシス」の思潮と『ソクラテスの弁明』

  8. (日) エロースとは何か:プラトン『響宴』より

  9. (日) エロースとは何か(その二):プラトン『響宴』より

  10. (日) エロースとは何か(その三):プラトン『響宴』より

  11. (日) 「無知の知」:プラトン『ソクラテスの弁明』より

  12. (日) 「無知の知」続:プラトン『ソクラテスの弁明』より

  13. (日) 「知る」とは?(その一):プロタゴラス「人間尺度説」と懐疑論,プラトン『国家』線分の比喩,など

  14. (日) 「知る」とは?(その二):プロタゴラス「人間尺度説」と懐疑論,プラトン『国家』線分の比喩,など

  15. (日) 成績評価のために使用する.

  16. (日) 授業全体の総括にあてる.

評価 必須

(日) 授業への取り組み方+何度か行う予定の小テスト+学期末の試験

再評価 必須

(日) 再試験は一度だけ行うが,不合格者全員が自動的に再試験を受験できるわけではない.

教科書 必須
  1. (日) なし.資料となるプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 主な参考文献は次の通り.

  2. (日) 広川 洋一 『ソクラテス以前の哲学者』 講談社(単行本および学術文庫版)

  3. (日) 田中美知太郎 『ソクラテス』 岩波新書

  4. (日) 同上 『ソフィスト』 講談社学術文庫

  5. (日) F. M. コーンフォード 『ソクラテス以前以後』 岩波文庫

  6. (日) A. コイレ 『プラトン』 みすず書房

  7. (日) R. S. ブラック 『プラトン入門』 岩波文庫

  8. (日) 藤沢令夫 『プラトンの哲学』 岩波新書

  9. (日) 藤沢令夫 『ギリシア哲学と現代』 岩波新書

URL 任意 http://www.ias.tokushima-u.ac.jp/tetsugak/phil_index.html
連絡先 推奨
  1. 吉田 昌市
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜12時から13時

科目コード 推奨
備考 任意