徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 征弥]/松本 祥幸/プラシノ藻類Tetraselmis tetratheleにおける水銀処理による酸化ストレスについて/[徳島大学総合科学部自然科学研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185286
EOID
877306
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:56:05
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐藤 征弥
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 学士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命科学講座(〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. 佐藤 征弥([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.生物生産系.生物資源生産科学分野]/[徳島大学.大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部.創生科学研究部門.環境共生科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科.環境共生コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Matsumoto Yoshiyuki / (日) 松本 祥幸 / (読) まつもと よしゆき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Mercury-induced oxidative stress in marine phytoplankton Tetraselmis tetrathele (Prasinophyceae).

(日) プラシノ藻類Tetraselmis tetratheleにおける水銀処理による酸化ストレスについて

副題 任意
要約 任意

(英) Mercury-induced oxidative stress was observed in the cells of marine phytoplankton Tetraselmis tetrathele (Prasinophyceae) using the fluorescent probes 2' 7'-dichlorofluorescin diacetate (DCFH-DA) and fluorescein diacetate (FDA). When the cells were exposed to 1 μM of HgCl2, the fluorescence intensity of 2' 7'-dichlorofluorescin (DCF) was three times higher than that of the control level 60 min after the treatment, indicating H2O2 accumulation, and it gradually decreased. Moreover, exposure to 0.3 μM of HgCl2 caused an increase in fluorescence 6 h after the treatment. However, exposure to HgCl2 at concentrations of 3.0 μM or greater did not cause an increase in fluorescence. It is thought that H2O2 was also generated at these concentrations, but could not be detected due to inactivation of the cellular esterase necessary to convert DCFH-DA to DCFH, and/or leakage from the cells due to membrane damage caused by HgCl2. The maximum level of fluorescence was approximately two times higher under light conditions than under dark conditions, suggesting that H2O2 was derived partly from photosynthesis. These results indicate that accumulation of H2O2 is involved inconsequence of the toxicity of mercury.

(日) 広く海洋に生息し,海洋生態系の第一次生産者である植物プランクトン であるプラシノ藻類 Tetraselmis tetrathele を研究材料としてHg処理後の細胞の変化について,特にH2O2の発生に注目して調べた. T. tetratheleを様々な濃度のHgCl2で処理し,DCFH-DAで染色したところ,1時間及び3時間Hg処理において,1 μMのHgCl2濃度のときに強い蛍光がみられた.また6時間処理した細胞でも0.3 μMのHgCl2濃度で同様の強い蛍光がみられた.これは,細胞がHgの影響を受け,細胞内にH2O2が発生していることを示している. また,明条件下あるいは暗条件下において,1 μMのHgCl2で処理した細胞のDCF蛍光強度を時間を追って調べると,明条件では,60分から70分で最大の蛍光を示したが,暗条件では50分で最大の蛍光を示した.このことから,暗条件下では明条件下よりHgの影響をより早く受けることがわかった. 次にFDA染色により明条件と暗条件で細胞内エステラーゼ活性を比較した.その結果,共に1 μMのHgCl2において,酵素活性が著しく低下していることがわかった.また,明条件よりも,暗条件のほうが低い濃度のHgで酵素活性が低下した.

キーワード 推奨
  1. (英) H2O2 / (日) 過酸化水素
  2. (英) mercury / (日) 水銀
  3. (英) oxydative stress / (日) 酸化ストレス
  4. (英) phytoplankton / (日) 植物プランクトン
  5. (英) Tetraselmis tetrathele / (日) テトラセルミス
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部自然科学研究([徳島大学.総合科学部])
(pISSN: 0914-6385)
ISSN 任意 0914-6385
ISSN: 0914-6385 (pISSN: 0914-6385)
Title: 徳島大学総合科学部自然科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 22
必須
必須 57 63
都市 任意
年月日 必須 2008年 12月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008694472/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110008694472
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 61874
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意