徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/有機・無機工業化学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185119
EOID
497669
Map
[2008/有機工業化学]
LastModified
2009年12月28日(月) 17:57:30
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Industrial Organic & Inorganic Chemistry / (日) 有機・無機工業化学 / (読) ゆうきむきこうぎょうかがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 有機および無機化学工業の基礎となる化学技術を講述し,各種工業製品や材料の製造法についての基礎と応用を理解させる.

概要 必須

(日) 有機化学工業を有機化学及び高分子化学などの基礎化学技術の観点から講義し,身の回りで実際に役立っている有機材料の基礎と応用について詳述する.無機化学工業の基礎部門として欠くことのできない,無機酸,ソーダ,製塩,肥料を中心に基礎理論を通じての定量的な理解を骨子として講述する.

キーワード 推奨
  1. 石油化学(petrochemistry)
  2. 有機材料(organic materials)
  3. 無機酸(mineral acid)
  4. アンモニア(ammonia)
先行科目 推奨
  1. 有機化学1([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/基礎有機化学])
    必要度 任意
  2. 有機化学2([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/有機化学])
    必要度 任意
  3. 高分子化学1([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/高分子化学])
    必要度 任意
  4. 基礎無機化学([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/基礎無機化学])
    必要度 任意
  5. 無機化学([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/無機化学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 有機化学3([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/有機合成化学])
    関連度 任意
  2. 高分子化学2([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/機能性高分子設計])
    関連度 任意
  3. 無機化学([2009/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2008/無機化学])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 受講までに開講されている有機化学・高分子化学系の科目および基礎無機化学,無機化学を受講していることが望ましい.

注意 任意

(日) 多種多様な技術の進歩を取り入れるため,授業計画の細部は変更の可能性がある.その場合,掲示または初回講義などで説明する.

目標 必須
  1. (日) 有機・無機工業製品の製造に関連する科学技術について理解を深める.

  2. (日) 種々の有機材料の合成法や物性,機能を理解する.

  3. (日) 無機酸・ソーダおよび派生物・肥料などの製造原理を習得する.

計画 必須
  1. (日) 総論(化学工業の特徴,原料およびエネルギー資源,化学工業と環境)

  2. (日) 石油精製

  3. (日) 石油化学

  4. (日) 高性能高分子材料

  5. (日) 機能性高分子材料

  6. (日) 生命医療材料

  7. (日) 環境材料

  8. (日) リサイクルと環境

  9. (日) 硫酸(原料,製造法,環境汚染)

  10. (日) 硝酸(アンモニア酸化による硝酸製造,製造法,装置材料)

  11. (日) 塩酸(合成原理,製造法,装置材料),リン酸(湿式・乾式製造法,縮合リン酸)

  12. (日) ソーダ(電解ソーダ法,アンモニアソーダ法,塩安ソーダ法,製品の用途)

  13. (日) 塩(製塩法,にがり工業,海水の淡水化法)

  14. (日) アンモニア(用途,製造工程,合成理論,製造条件,触媒,装置材料)

  15. (日) 肥料(窒素肥料,リン酸肥料,カリ肥料,複合肥料)

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 到達目標が達成されているかを試験60%,平常点(授業への取り組み状況,レポート,小テスト)40%で評価し,60% 以上あれば合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科学習・教育目標(B:◎),(C:○)に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 開講前に掲示等によって指示する.

参考資料 推奨
  1. (日) 園田昇·亀岡弘編「有機工業化学」(化学同人)

  2. (日) 山岡亜夫編著,上田充他著 「応用化学シリーズ 3 高分子工業化学」(朝倉書店)

  3. (日) 伊勢典夫他著「新高分子化学序論」(化学同人)

  4. (日) 塩川 二朗編「無機工業化学」化学同人

  5. (日) その他,講義中に指示する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です