徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/建築物のしくみ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185090
EOID
435846
Map
[2008/建築概論]
LastModified
2009年1月13日(火) 17:01:23
Operator
渡辺 公次郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Introduction of Architecture / (日) 建築物のしくみ / (読) けんちくぶつのしくみ
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 建築一般の知識を学ぶことにより,建築学への理解,並びに実践的な内容に対する理解を深める.特に建築構造に関する基礎的知識を習得する.

概要 必須

(日) 建築物はどのようなしくみで成り立っているのか,建築物の基本的機能とそれらを実現する各部分の造り方を学ぶ.建築物を造りあげるために,具体的にどのような材料を用い,どのような構法が採用されているかを平易に解説する.

キーワード 推奨
  1. (日) 建築構法
  2. (日) 建築構造
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 建築構造計画([2009/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース]])
    関連度 任意
要件 任意

(日) なし

注意 任意

(日) 建築の物的構成についての入門的講義であり,後続の全ての専門科目と深い関わりを持つ.2年次に履修すること.

目標 必須
  1. (日) 建築物の一般的な構造・材料・施工法・構法が理解できるようになることを目的とする.前半は,建築物の構造形式・荷重と外力・構造材料と構法・構造形式の変遷等についてその概要を理解する.後半では,現在一般的に用いられている構造種類(木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造など)ごとに,様々な部位の名称とその役割や特徴を具体的に理解する.

計画 必須
  1. (日) 建築学とは(ガイダンス)

  2. (日) 構造と構法(構法概説/4回)

  3. (日) 架構と構造材料と構法

  4. (日) 建築構造の歴史1

  5. (日) 建築構造の歴史2

  6. (日) 木質構造の種類と分類(木質構造/4回)

  7. (日) 木造住宅の色々

  8. (日) 各部構法1:基礎・土台・軸部

  9. (日) 各部構法2:壁・小屋組・床

  10. (日) 鉄骨造の概要1(鉄骨造/2回)

  11. (日) 鉄骨造の概要2

  12. (日) 鉄筋コンクリート造の概要1(鉄筋コンクリート造/2回)

  13. (日) 鉄筋コンクリート造の概要2

  14. (日) SRC造・PS造・組積造(その他構造/1回)

  15. (日) 学期末試験

評価 必須

(日) 中間試験および学期末試験と授業への参加内容を評価し,評点が60%以上を合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) 本科目は本学科の教育目標の3(3)に,100%対応する.

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 建築構法{第5版} 監修:内田祥哉 市谷出版社,構造用教材 改定1995年版 日本建築学会 丸善

参考資料 推奨
  1. (日) 建物はどのように働いているか エドワード・アレン 鹿島出版会

  2. (日) 木造建築を見直す 坂本功 岩波新書

  3. (日) 建築ビジュアル辞典(彰国社)

URL 任意 http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/lectures/N0020
連絡先 推奨
  1. (日) .
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です