徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [近久 幸子]/冨永 久美子/[河合 智子]/[北岡 和義]/大石 勝隆/[石田 直理雄]/[六反 一仁]/[勢井 宏義]/Bezafibrate, a PPARs agonist, decreases body temperature and enhances EEG delta oscillation during sleep in mice./[Endocrinology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
185083
EOID
725235
Map
0
LastModified
2014年2月26日(水) 15:12:47
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近久 幸子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tominaga Kumiko / (日) 冨永 久美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《冨永 久美子 (Tominaga Kumiko) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2007年10月》
    《冨永 久美子 (Tominaga Kumiko) @ 栄養学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2002年4月〜2004年3月》
    《冨永 久美子 () @ 医学部 [学部学生] 1998年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 河合 智子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 北岡 和義([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Oishi Katsutaka / (日) 大石 勝隆
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 石田 直理雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 六反 一仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Bezafibrate, a PPARs agonist, decreases body temperature and enhances EEG delta oscillation during sleep in mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs) are ligand-activated transcription factors belonging to the nuclear receptor family. PPARs play a critical role in lipid and glucose metabolism. We examined whether chronic treatment with bezafibrate, a PPAR agonist, would alter sleep and body temperature (BT). Mice fed with a control diet were monitored for BT, electroencephalogram (EEG), and electromyogram for 48 h under light-dark conditions. After obtaining the baseline recording, the mice were provided with bezafibrate-supplemented food for 2 wk, after which the same recordings were performed. Two-week feeding of bezafibrate decreased BT, especially during the latter half of the dark period. BT rhythm and sleep/wake rhythm were phase advanced about 2-3 h by bezafibrate treatment. Bezafibrate treatment also increased the EEG delta-power in nonrapid eye movement sleep compared with the control diet attenuating its daily amplitude. Furthermore, bezafibrate-treated mice showed no rebound of EEG delta-power in nonrapid eye movement sleep after 6 h sleep deprivation, whereas values in control mice largely increased relative to baseline. DNA microarray, and real-time RT-PCR analysis showed that bezafibrate treatment increased levels of Neuropeptide Y mRNA in the hypothalamus at both Zeitgeber time (ZT) 10 and ZT22, and decreased proopiomelanocortin-alpha mRNA in the hypothalamus at ZT10. These findings demonstrate that PPARs participate in the control of both BT and sleep regulation, which accompanied changes in gene expression in the hypothalamus. Activation of PPARs may enhance deep sleep and improve resistance to sleep loss.

キーワード 推奨
  1. 睡眠(sleep)
  2. (英) PPAR
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 分裂装置 (mitotic apparatus)
発行所 推奨 The Endocrine Society
誌名 必須 Endocrinology([The Endocrine Society])
(pISSN: 0013-7227, eISSN: 1945-7170)
ISSN 任意 0013-7227
ISSN: 0013-7227 (pISSN: 0013-7227, eISSN: 1945-7170)
Title: Endocrinology
Title(ISO): Endocrinology
Publisher: Endocrine Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 149
必須 10
必須 5262 5271
都市 任意
年月日 必須 2008年 10月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1210/en.2008-0285    (→Scopusで検索)
PMID 任意 18787029    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Integrative Physiology, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, Tokushima 770-8503, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't