徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/細胞制御学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184807
EOID
570891
Map
[2008/細胞制御学]
LastModified
2011年4月6日(水) 18:23:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Genetic Engineering / (日) 細胞制御学 / (読) さいぼうせいぎょがく
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 真壁 和裕([徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.自然科学系.生物科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.自然科学コース.生物科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 主に哺乳類を中心にいくつかのモデル生物で見られる代表的な発生・再生などの現象を分子の言葉で理解し,さらにその医学的産業的応用的側面について考えることを主な目的とする.

概要 必須

(日) コース共通科目の「発生学」の知識を前提に,発生過程で大きな役割を果たす遺伝子カスケードやシグナル伝達系の働き方を学び,個体を形成する際の細胞の振る舞いとその分子メカニズムの基盤を理解して,現在発生生物学の研究手法とそれによって明らかにされた発生現象の分子メカニズムおよびその応用を学ぶ.

キーワード 推奨
  1. (日) 哺乳類
  2. (日) 転写カスケード
  3. (日) シグナル伝達
  4. (日) 遺伝子導入
  5. (日) 医学的展望
先行科目 推奨
  1. 細胞情報学II([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/細胞情報学II])
    必要度 任意 0.700000
  2. 発生学([2006/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]])
    必要度 任意 1.000000
  3. 分子生物学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/分子生物学])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 代謝異常学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/代謝異常学])
    関連度 任意 0.700000
  2. 適応進化学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/適応進化学])
    関連度 任意 0.500000
注意 任意

(日) 毎回異なるトピックスを取り上げて解説する形式です.講義プリントは当日の出席者にしか配りません(遅刻欠席しないこと).内容を暗記する必要はありませんが,講義は集中して聴いていないと理解できません(喋ったり寝たりしないこと).

目標 必須
  1. (日) 動物の体ができる際の複雑で精妙かつ巧妙なしくみがどのような分子機構によって支えられているかを理解し,発生現象の分子メカニズムを他人に説明できるようになること.

計画 必須
  1. (日) · 発生過程を支配する分子群 その(1)転写因子

  2. (日) · 発生過程を支配する分子群 その(2)核内レセプター

  3. (日) · 発生過程を支配する分子群 その(3)EGFシグナル伝達経路

  4. (日) · 発生過程を支配する分子群 その(4)Notchシグナル伝達経路

  5. (日) · 現代生物学の研究手法 その(1)細胞レベル

  6. (日) · 現代生物学の研究手法 その(1)遺伝子レベル

  7. (日) · 配偶子形成と受精

  8. (日) ・哺乳類の発生

  9. (日) ・性決定と性分化

  10. (日) ・脊椎動物の中枢神経系の発生

  11. (日) ・神経提細胞

  12. (日) ・変態と成虫原基

  13. (日) ・再生と幹細胞

  14. (日) ・環境と発生

  15. (日) ・期末試験

  16. (日) ・総括授業

評価 必須

(日) 学期末の試験の成績のみ(配布プリントと自筆ノートの持ち込み可).

再評価 必須

(日) なし

対象学生 不用 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 教科書は指定せずに,毎回プリントを配布する.

  2. (日) 参考書 「ウィルト 発生生物学」 東京化学同人(5,200円)

  3. (日) 参考書「発生遺伝学」東京大学出版会(3,400円)

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 真壁 和裕([徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.自然科学系.生物科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.自然科学コース.生物科学講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 特別に設定せず発展的な質問などは随時受け付けます.ただし講義内容そのものについての単純な質問は可能な限り講義内の質疑応答の際にしてください.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 研究室は総合科学部1号館2階

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です