徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/生命機能実験II

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184715
EOID
575928
Map
[2008/生命機能実験II]
LastModified
2011年4月8日(金) 19:23:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Practice on functionnal aspects of organisms / (日) 生命機能実験II / (読) せいめいきのうじっけん
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 大橋 眞
    肩書 任意
  2. 林 弘三
    肩書 任意
  3. 佐藤 高則
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 生命体の持つ生理的機能を解明するための基礎実験を通して,実験手法の体得と,その意味の理解を体験を通じておこなう.また,結果をまとめ,発表する方法について十分に習熟させることも目的とする.生命機能実験IIでは,蛋白質,細胞レベルでの生命現象の理解に必要な実験手技やその機構を理解する.

概要 必須

(日) 生命機能に関する比較的高度な実験.

キーワード 推奨
  1. 生命(life)
  2. 機能(function)
  3. タンパク質(protein)
  4. 構造(structure)
  5. 細胞(cell)
先行科目 推奨
  1. 生命機能実験I([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生命機能実験I])
    必要度 任意
  2. 生命機能セミナー([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生命機能セミナー])
    必要度 任意
  3. 生物化学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.化学系サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生物化学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 細胞制御学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/細胞制御学])
    関連度 任意
  2. 代謝異常学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/代謝異常学])
    関連度 任意
  3. 生物化学([2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命機能サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.生命·環境コース.生命環境サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質·環境コース.化学系サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/生物化学])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 必ず出席し,自分で行うことが大切であり,十分な内容のレポートを作成,提出するために,文献等の調査をすることが重要である.

目標 必須
  1. (日) 生体材料や細胞の取り扱いや,細胞培養の基礎的技術を身につける.細胞の基本的な機能についての知識を確実なものにする.また,蛋白質の機能や構造を調べる方法について基礎的な理解をする.さらに酵素や細胞の機能についての理解を深める.

計画 必須
  1. (日) 大腸菌でのタンパク質の発現と精製(渡部)

  2. (日) タンパク質のSDS電気泳動と染色(渡部)

  3. (日) タンパク質のウエスタンブロッティング解析(渡部)

  4. (日) 細胞周期1(林)

  5. (日) 細胞周期2(林)

  6. (日) タンパク質解析法1(佐藤)

  7. (日) タンパク質解析法2(佐藤)

  8. (日) 酵素活性測定法1(佐藤)

  9. (日) 酵素活性測定法2(佐藤)

  10. (日) タンパク質の構造と機能1(佐藤)

  11. (日) タンパク質の構造と機能2(佐藤)

  12. (日) 節足動物の構造と機能(大橋)

  13. (日) マウスの体の構造と機能(大橋)

  14. (日) 組織学1(臓器の観察)(大橋)

  15. (日) 組織学2(組織の構造)(大橋)

評価 必須

(日) 実験態度と,提出されたレポートによる.

再評価 必須

(日) 行わない.欠席者の再実験も行わない.

教科書 必須
  1. (日) 実習手引き書を配布予定

  2. (日) 実験テーマによってはプリントを配布し,使用する.

  3. (日) 参考書は随時紹介する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 大橋 眞
    オフィスアワー 任意

    (日) 各教官の項を参照されたい.

  2. 渡部 稔([徳島大学.教養教育院])
    オフィスアワー 任意

    (日) 各教官の項を参照されたい.

  3. 林 弘三
    オフィスアワー 任意

    (日) 各教官の項を参照されたい.

  4. 佐藤 高則
    オフィスアワー 任意

    (日) 各教官の項を参照されたい.

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です