徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/日本語教授法I

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184563
EOID
573263
Map
[2008/日本語教授法I]
LastModified
2011年4月7日(木) 18:02:15
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 日本語教授法I / (読) にほんごきょうじゅほう
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
  3. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]
  4. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 三隅 友子([徳島大学.教養教育院])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 外国語教育としての日本語教育とは何かを追究する.その中で,日本語を教えるための知識,方法及び技術を修得することを目的とする.

概要 必須

(日) 日本語を教えるための方法を関わる者全ての視点から理解する.

キーワード 推奨
  1. (日) 言語教育
  2. (日) 学習ストラテジー
  3. (日) コースデザイン
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 1 隔年開講のため2010年には開講されない. 2 課題解決型の講義のため,出席と授業態度を重視する.

目標 必須
  1. (日) 日本語教師を目指す者として,様々な教授法や教育的な関わりを理解する.さらに教育を実施する側の学習者への働きかけについても,実際に日本語を学ぶ人たちを交えて検討する.

計画 必須
  1. (日) 外国語教育の歴史

  2. (日) 外国語教育のこれから

  3. (日) 日本語教育の目的 なぜ日本語を学ぶのか?

  4. (日) 日本語学習の動機 なぜ日本語を学びたいのか?

  5. (日) 日本語を学ぶ環境 異文化コミュニケーション

  6. (日) 様々な教授法1 教授法と学習理論

  7. (日) 様々な教授法2 教授法と学習者

  8. (日) 様々な教授法3 自律学習

  9. (日) 評価 1 評価の目的

  10. (日) 評価 2 評価の方法

  11. (日) 評価 3 評価に関わる人

  12. (日) 授業観察分析1

  13. (日) 授業観察分析2

  14. (日) 授業観察分析3

  15. (日) 教育における問題解決力

  16. (日) 外国語学習体験と日本語学習を結びつける 最終課題

評価 必須

(日) 出席及び毎回の講義内でのタスクさらに最終課題を評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 縫部義憲2001『日本語教育学入門』レキレキ社

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜,自作の教材など.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 国際センター 新蔵キャンハ ス日亜会館2階 088-656-7120 内線81-6214 misumi@isc.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日午前9時ー12時 相談が必要な際はメール等で連絡してください.これ以外にも適時時間を設定します.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 隔年開講.2010(平成22年度は開講しません.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です