徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/実用英語演習I(Aクラス)(その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184410
EOID
576846
Map
[2008/実用英語演習I(Aクラス)(その1)]
LastModified
2011年4月9日(土) 18:30:35
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 実用英語演習I(Aクラス)(その1) / (読) じつようえいごえんしゅう
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 佐久間 亮([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 『実用英語演習·総論』を参照のこと.

概要 必須

(日) 英語を聴き,話し,そして英文を英語の論理で読むために必須の基礎トレーニングをおこないます.素材としてニュースなど身近で,時事的なものを用います.比較的最近の話題ならば,耳から聴く音とその意味との関連付けが容易なので,その分だけ英語の音を意味をもつ音のつながりとして体になじませるトレーニングを容易におこなえるからです.また,将来「英語で勉強する」(「英語を勉強する」ではなくて)ための基礎訓練とすることもここでは意識しています.トレーニング·メニューは以下の通りです. A.音に慣れるトレーニング(カタカナ英語の払拭,音の連結や脱落に慣れる)として,ディクテーション(書き下し) B.英語を英語のまま理解する回路を頭の中に作り上げるトレーニングとして,意味をもったかたまり(phrases)ごとに,文頭から理解していく練習をします.英語の論理は核心部分を先に述べて,その説明を次々に追加していくというものです.最後を知って初めて全体の意味が分かる日本語の論理とは根本的に異なります.そのことを体得するために,以下のメニューでBのトレーニングをします. 1)スクリプトの速読(かたまりごとにスラッシュをいれ,文頭から理解するトレーニング) 2)スクリプトを見ながら,シャドウイング(発音のトレーニングを兼ねる) 3)スクリプトを見ないで,シャドウイング(文字に頼らないで英語を話すトレーニングとしてきわめて重要です)

キーワード 推奨
  1. (英) Listening Comprehension
  2. (英) Dictation
  3. (英) Shadowing
  4. (英) Rapid Reading
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 実用英語演習II(その1)([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/実用英語演習II(その1)])
    関連度 任意 1.000000
  2. 実用英語演習III (その1)([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/実用英語演習III (その1)])
    関連度 任意 1.000000
注意 任意

(日) 第1回目の演習でプレイスメント·テストを行い,受講者をA,Bの2クラスにわけるので, 必ず出席してテストを受けること.また,学期末の試験はA,Bクラス合同で行う.

目標 必須
  1. (日) 実用英語演習「総論」参照

計画 必須
  1. (日) 上記A,Bのトレーニングを毎回おこなう.

  2. (日) 毎回,5分から10分の素材を音声あるいは映像で配布し,次回までの宿題としてそのディクテーション(スクリプトを作ること)を課します.

  3. (日) トレーニングのための素材の難易度は回を重ねるにつれ上がっていきます.具体的には,最初はNHKのワールドニュースなどを用い,徐々にネイティブ向けのものに移行します.

  4. (日) ニュース以外にドキュメンタリを素材を用いることもあるかもしれません.

  5. (日) 最後にニュースあるいはドキュメンタリに関して英語でのディスカッションをおこないます.

評価 必須

(日) 演習中や自宅でのトレーニングの達成度などの平常評価(30%)と期末試験の結果(70%)を併用する.

再評価 必須

(日) 実用英語演習「総論」参照

対象学生 不用

(日) 2年次以上

教科書 必須
  1. (日) 教科書は使用せず,音声orビデオ素材を配布します.各自,USB接続のメモリ(MP3の音声ファイルとMPEGのビデオ素材を保存できるもの)を用意すること.携帯プレーヤーになっているものが望ましい.64MB以上のものを用意するようにしてください.,なお,受講に際し,英英辞典を必ず用意し,活用するように(日本語を媒介としない英文の理解,聞き取りに必須のアイテムです).COBUILD English Dictionary(Collins)を推奨します.電子辞書でもでています.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 佐久間 亮([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です