徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/実用ドイツ語演習III (その2)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184408
EOID
572431
Map
[2008/実用ドイツ語演習III (その2)]
LastModified
2011年4月6日(水) 22:11:35
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 実用ドイツ語演習III (その2) / (読) じつようどいつごえんしゅう
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. ヘルベルト ウォルフガング([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意 講師([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) この授業では,「実用ドイツ語演習I」の後を受けて,特に「書く」「話す」という発信能力の養成に重点を置きます.一通りの文法知識に基づいて基本的なドイツ語を理解し,簡単なドイツ語の文を書き,簡単なドイツ語を話す能力を身につけることを目指します. しかし,話すことができるためには聞き取る力が必要ですし,作文の力を身につけるにはドイツ語文をたくさん読むことも必要です.

概要 必須

(日) 実用ドイツ語演習III」前期分の後を受けて,毎週一つのテーマ(買い物,天気,仕事,健康,マスメディア,旅行等々)を選び,それに関する語彙を身につけた後,ドイツ語による会話と作文(手紙や日記を含む)の練習を行います.作文については,家庭学習用の課題を出し,授業時に提出してもらう場合もあります.学生の興味のあるテーマを「ドイツ百年」のビデオシリーズから抜粋し,そこで使われる専門用語を学び会話練習し,ドイツ語の能力アップを目指す.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 不用

(日) ドイツ語1を終了した者またはドイツ語の基礎知識のある者.

注意 任意

(日) 欧米言語,国際文化のいずれかのコースに所属し,「実用ドイツ語演習」をメインに履修する学生は,IIIと並行してIIを受講しなければなりません.しかしそれ以外の学生は,「実用ドイツ語演習I」を4単位履修済みであることを条件に,2単位毎に個別に受講することもできます. また,この授業は,「ドイツ語検定試験」を受験したい学生にも適しています.

目標 必須
  1. (日) 一通りの文法知識に基づいて簡単なドイツ語文を書き,また簡単なドイツ語を使って意思表示や意見交換をする能力を習得すること.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション,外国語の学び方につぃて,辞書などの使い方

  2. (日) 挨拶,自己紹介,記憶ゲーム

  3. (日) 趣味,余暇の過ごし方, 道楽,遊び

  4. (日) 住宅状況,学生の生活

  5. (日) 曜日,月,季節,祭りと祝日

  6. (日) 天候と関係ある表現,天気予報

  7. (日) 食事,飲み物,ドイツ料理

  8. (日) レストランにて,ビール,ワインの品種と選び方

  9. (日) 買い物する,服,流行

  10. (日) 過去の話,現在完了系

  11. (日) 休み,旅行,未来系

  12. (日) ホテルで,道案内

  13. (日) 駅,空港,時刻表の読み方

  14. (日) 手紙,葉書の書き方

  15. (日) 纏めと質疑応答

  16. (日) ドイツ,オーストリア,スイスの観光名所

評価 必須

(日) 授業中の口頭発表や提出物(作文課題)などについて総合的に評価します.

再評価 必須

(日) 行う場合もあります.

対象学生 不用

(日) 3年次

教科書 必須
  1. (日) 特定の教科書は用いません.教材や資料は授業時に配付します.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. ヘルベルト ウォルフガング([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (英) 656-7145, wolf@ias.tokushima-u.ac.jp

    (日) 火曜日15.30h-17.00h (ヘルベルト研究室,総合学部1号館中棟2階)

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) ドイツ語,本気の人歓迎.一緒に楽しく勉強しましょう.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です