徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/レジャーマーケティング論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184203
EOID
578597
Map
[2008/レジャーマーケティング論]
LastModified
2011年4月10日(日) 19:57:29
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) レジャーマーケティング論 / (読) レジャーマーケティングろん
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 長積 仁
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「ヒマ」と「カネ」は,もはや持て余す時代ではなくなった⋯.目移りする「こころ」を満たすことに時間と金,そしてエネルギーを投資する人々.そして,それに見合うだけの「夢」を提案するビジネス.人々のニーズが「もの」から「こころ」へと移り変わり,レジャーは人々が充実し,潤いのある生活を送るためには欠かすことのできないものとなった.それにともない,我が国のレジャー産業は80兆円という市場規模にまで成長し,飛躍的な発展を遂げた.このクラスでは,現在脚光を浴びている業界の具体例を取り上げ,人間の消費行動とビジネスサイドの戦略的課題についての理解を深めることを目的とする.

概要 必須

(日) レジャーマーケティングの基本的な考え方と消費者行動に対する理解を深め,それらをビジネス戦略や政策に反映させるための基礎知識を身につける.

キーワード 推奨
  1. (日) レジャー産業
  2. (日) 余暇
  3. (日) 消費者行動
  4. (日) マーケティング戦略
  5. (日) 企業戦略
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. スポーツマネジメント論([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.心理学サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/スポーツマネジメント論])
    関連度 任意
  2. 経営戦略論([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.法律経済コース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域情報サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間行動コース.ウェルネス行動科学サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/経営戦略論])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 毎回,授業終了時に授業内容に関する意見·感想·批判などの感想文(200字程度)を提出してもらう.

目標 必須
  1. (日) レジャーマーケティングに関する基礎知識を体系的に身につけるとともに,ビジネス戦略の指針について自らが策定できる能力を身につける.

計画 必須
  1. (日) 第1回 レジャー・スポーツ産業の発展と動向1:レジャーとスポーツの語源と現代的意味合い

  2. (日) 第2回 レジャー・スポーツ産業の発展と動向2:変化する産業構造と進化するビジネス戦略

  3. (日) 第3回 マーケティングの基礎知識1:基本的な考え方と活動

  4. (日) 第4回 マーケティングの基礎知識2:戦略的マーケティング・ミックス

  5. (日) 第5回 消費者心理を解読する:レジャー・スポーツというプロダクトの理解と消費者行動理論の基礎知識

  6. (日) 第6回 スポーツビジネスの成り立ち:基本的なビジネスモデルとメディアがスポーツに及ぼす影響

  7. (日) 第7回 世界を動かすスポーツマーケティング:スポーツと企業のかかわり

  8. (日) 第8回 時代のニーズに対応した事業戦略:健康教室・スポーツ塾にみる``指導ビジネス''

  9. (日) 第9回 ゼロ成長時代のトラベルビジネス1:``薄利多売''の業界の構造

  10. (日) 第10回 ゼロ成長時代のトラベルビジネス2:スポーツツーリズムと経済的・社会的インパクト

  11. (日) 第11回 ``夢と非日常空間を売る''テーマパークと``遊びの百貨店''遊園地の経営戦略

  12. (日) 第12回 TDLに学ぶサービスマネジメントと組織文化:サービスの特性と組織的知識創造のすすめ

  13. (日) 第13回 苦境と転機を迎えたチンジャラビジネス:パチンコにはまりゆく消費者の社会心理的構造

  14. (日) 第14回 ヒット商品に見る消費トレンドとマーケティング:レジャー・スポーツビジネスの可能性

  15. (日) 第15回 まちづくりの担い手となるボランティアのマネジメント:人力だけでなく,財力となるスポーツボランティア

評価 必須

(日) 評価は,「出席状況」「レポート及び論述試験」,そして「授業への参加意欲」の3つによって行う.当然ながら,出席日数が不足する学生は,単位認定の対象外とする.また授業への参加意欲は,授業中の積極的な質問や発言(コメント)のことを意味し,授業への貢献度として評価に加味する.

再評価 必須

(日) なし

教科書 必須
  1. (日) 参考書:原田宗彦編著「スポーツ産業論第4版」杏林書院(2008) その他,資料を適宜配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 長積 仁
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 隔年開講

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です