徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/フランス語圏文化論 (その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
184083
EOID
446129
Map
[2008/フランス語圏文化論 (その1)]
LastModified
2009年2月19日(木) 11:57:32
Operator
田島 俊郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) フランス語圏文化論 (その1) / (読) ふらんすごけんぶんかろん
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]
  3. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 田島 俊郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) フランス語で書かれた文学作品を原語で読み,作家のテクニックについて考える.

概要 必須

(日) フランスの文学 人間は内面の感情や知識を伝達したいと考えるとき,記号に頼らざるを得ない.内的な感情は,テレパシーや,脳に電極を差し込んでそれぞれ直接電気信号を伝えあうなんてことが可能でない限り,そのまま伝えることはできず,絵や音楽や言語と呼ばれるを記号や表象を介してしか伝わらないだろう.もし直接に心の動きが伝えられるとしたら,そちらのほうがましだとあなたは思うだろうか?それとも心の中が直接相手に伝わらないからこそ幸いだと思うだろうか. 田島は,自分の内面を表象を介して間接的にしか伝えられないことを幸いだと思う.だって,やばいことは言わなきゃばれないんだから.いやそういう意味だけではなく.ある内面を表現するためにある表象が選ばれる.その際にその表象が果たして発信者と受信者の間で同じものとして認識されているかどうかは疑問である.悲しいとか嬉しいとか単純な気持ちでも涙で表現されたとき,正しく相手に伝わるだろうか.ましてやそれよりも複雑な感覚であればそれなりに技巧をこらさなければ発信者の感情は伝えようがない.そして技巧をこらした表象であっても発信者と受信者の間で同じものとして認識されないかもしれない.このこと自体がむしろ幸いだと思う.だからこそ技巧が発達し,表象自体を楽しむことができるのだから.

キーワード 推奨
  1. (英) litterature francaise / (日) フランスの文学
  2. (英) symbole / (日) 表象
  3. (英) texte / (日) テクスト
先行科目 推奨
  1. 実用フランス語演習I([2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]])
    必要度 任意
  2. フランス語([2004/[徳島大学]/外国語科目 フランス語/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 実用フランス語演習I([2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]]/[2004/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 全学共通教育のフランス語基礎および初級の単位を修得しているか,それと同等以上のフランス語能力が必要.

目標 必須
  1. (日) フランス語で文学を読むためのフランス語能力と,文学作品を鑑賞し,理解し,論評するための語彙,方法を獲得する.

計画 必須
  1. (日) 19世紀か20世紀のフランス語で書かれた比較的短い作品を読み,作者自身について,作品の時代背景について,作品に使われた技法について,また作品の受容について調査検討する.

評価 必須

(日) 出席および授業中の発言を重視します.

再評価 必須

(日) 行いません.

教科書 必須
  1. (日) コピーを配布します.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田島 俊郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 田島俊郎:木曜日12時から13時まで

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です