徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/地域社会ゼミナールDI (その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183999
EOID
440436
Map
[2008/地域社会ゼミナールDI (その1)]
LastModified
2009年1月26日(月) 16:59:16
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 地域社会ゼミナールDI (その1) / (読) ちいきしゃかいぜみなーる
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 樋口 直人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 本年度は,社会学的な考え方,発想の仕方を1年かけて習得する.身近なものや社会現象を社会学的にみるとは,いったいどのようなことなのか.社会学の古典が提示する命題の解説,さらにそれをさまざまな例にひきつけて解釈することにより,普段とは異なるものの見方ができるようにしていきたい.

概要 必須

(日) さまざまな命題の理解・応用を通じた社会学的思考の醸成.教科書のほか,必要に応じて新聞記事などの補助資料を用いる.文献を読んで,それをまず理解してもらうことから始め,レジュメの切り方,議論の仕方を学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 毎回1回は必ず発言してもらう.どんな現象に対しても自分なりの意見を持てるようになってほしい.

目標 必須
  1. (日) 輪番でレジュメをきちんと作成し,そのうえで参加者全員が命題や概念を事例にひきつけて解釈することが,最低限の到達目標となる.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) 自我の社会:ミード

  3. (日) 文化としての性差:ミード

  4. (日) 動機の語彙:ミルズ

  5. (日) 自己呈示のドラマツルギー:ゴフマン

  6. (日) 多元的現実の構成:シュッツ/バーガー

  7. (日) ダブル・バインド:ベイトソン

  8. (日) 認知的不協和の理論:フェスティンガー

  9. (日) ラベリングと逸脱:ベッカー

  10. (日) 予言の自己成就:マートン

  11. (日) 外集団への敵対と内集団の親和

  12. (日) 準拠集団と相対的不満:マートン

  13. (日) 寡頭制の鉄則:ミヘルス

  14. (日) AGIL図式:パーソンズ

  15. (日) 互酬の不均衡と権力の派生:ブラウ

評価 必須

(日) 出席点,発表の回数と内容により成績評価を行う.

再評価 必須

(日) 行わない

教科書 必須
  1. (日) 教科書 作田啓一・井上俊編『命題コレクション 社会学』筑摩書房,2100円

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 樋口 直人
    オフィスアワー 任意

    (日) (前期)水曜日12時∼13時 (後期)水曜日 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 本年度は,卒論に関わる学生のみの受講を認める

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です