徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/地域社会ゼミナールCI (その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183995
EOID
449093
Map
[2008/地域社会ゼミナールCI (その1)]
LastModified
2009年3月4日(水) 16:30:34
Operator
矢部 拓也
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 地域社会ゼミナールCI (その1) / (読) ちいきしゃかいぜみなーる
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.地域システムコース.地域社会サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 前後期を通じて,現代社会に対しての社会学的視座と社会問題を解決する力を身につけることを目指す.前期は,文献講読を通じて,現代社会の諸問題に対する基本的な社会学的視座を習得し,後期は,まちづくりを題材に,実践的な知を身につけることを目指す.

概要 必須

(日) まずは,親密圏(友だち関係)を題材に,土井(2004)の文献を元に,身近な人間関係を分析する際の見方を習得する.次に,近年大きな問題になっている,失業,野宿者,貧困の問題を扱っている,湯浅(2008)を取り上げる.湯浅は,単なる評論家とは異なり,現在の野宿者問題を理論的に分析した上で,派遣村やNPOなどを通じた実践を行っている.後期につながる視点であるが,単なる社会分析に終わらず,実践に生きる社会分析を身につけて欲しい.その上で,我々現代人が進むべき社会とはどういった社会であるのかといった,マクロな視点から現代社会を再考するために,広井(2001)を取り上げる.高度成長期以降の拡大社会から,今後の社会は人口停滞・縮小に向かう.新たに到来する社会とはこれまで我々が当然と思っていた社会とどのように異なるのか,「定常社会」というキーワードのもと,今後の社会のあり方について議論を行う.最後に後期へのつながりとして,金子(1992)を取り上げる.金子は研究者でありながら,実際のNPOなどの支援と実践を行っており,そこで経験する様々な問題点を踏まえながら,ボランティアという活動についての議論を展開している.学術的に分析することと,実践することの交差を議論する.

キーワード 推奨
  1. (日) 社会学
  2. (日) 貧困
  3. (日) 定常型社会
  4. (日) ボランティア
  5. (日) 現代社会
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) .

目標 必須
  1. (日) 文献講読を通じて,現代社会を見る上での基本的な視点を身につけること

計画 必須
  1. (日) ガイダンス

  2. (日) 『「個性」を煽られる子どもたち:親密圏の変容を考える』

  3. (日) フリーター漂流ビデオ視聴

  4. (日) 『反貧困:「すべり台社会」からの脱出』1

  5. (日) 『反貧困:「すべり台社会」からの脱出』2

  6. (日) 『反貧困:「すべり台社会」からの脱出』3

  7. (日) 『反貧困:「すべり台社会」からの脱出』4

  8. (日) 『定常型社会:新しい「豊かさ」の構想』1

  9. (日) 『定常型社会:新しい「豊かさ」の構想』2

  10. (日) 『定常型社会:新しい「豊かさ」の構想』3

  11. (日) 『定常型社会:新しい「豊かさ」の構想』4

  12. (日) 『ボランティア:もうひとつの情報社会』1

  13. (日) 『ボランティア:もうひとつの情報社会』2

  14. (日) 『ボランティア:もうひとつの情報社会』3

  15. (日) 『ボランティア:もうひとつの情報社会』4

  16. (日) 『ボランティア:もうひとつの情報社会』5

評価 必須

(日) 成績評価は平常点(ゼミにおけるプレゼンテーションと貢献)

再評価 必須

(日) 行わない

教科書 必須
  1. (日) 土井隆義,2004『「個性」を煽られる子どもたち:親密圏の変容を考える』岩波ブックレット433

  2. (日) 湯浅誠,2008『反貧困:「すべり台社会」からの脱出』岩波書店

  3. (日) 広井良典,2001『定常型社会:新しい「豊かさ」の構想』岩波書店

  4. (日) 金子郁容,1992『ボランティア:もうひとつの情報社会』

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 矢部 拓也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 「隔年開講」本年度開講

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です