徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/欧米言語ゼミナール (その3)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183793
EOID
440249
Map
[2008/欧米言語ゼミナール (その3)]
LastModified
2009年1月26日(月) 16:57:40
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 欧米言語ゼミナール (その3) / (読) おうべいげんごぜみなーる
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 森岡 芳洋
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「欧米言語ゼミナール」そのものについては,「総論」を参照.本個別ゼミでは,人間が言語で無数の新しい文を作り出しかつ無数の新しい文を理解することを可能にしてくれる有限の仕組みについて,英語を主材料,日本語やその他の言語を副材料に,考え分析する演習を行う.受講者の年次,背景的知識,興味や研究主題応じて,扱う事項の種類と範囲,議論の焦点や角度を変えることがある.

概要 必須

(日) 卒業研究の題材を見つけ,調べること.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 演習を通して,興味の対象を絞り込み,卒業研究の実行につなげて,ほしい.

目標 必須
  1. (日) 卒業研究の対象を絞り込むこと.

計画 必須
  1. (日) 予定している教科書の目次によれば,概略的内容は,次の通りである.なお,これは主として第3年次を想定しており,第4年次は,各個人の卒業研究の展開が基本になる.

  2. (日) 1.導入 2∼4.総論{一般的特徴,研究の分野,言語の変種,言語の分類},5∼7.音論{音声記号,音声の分析法,分節音素,超分節音素},8∼10.形態論{語,形態素,語構成},11∼15.統語論{文の要素,文の構造,生成文法},16.まとめ

評価 必須

(日) 演習参加によるレポート.

再評価 必須

(日) 行わない.

対象学生 不用

(日) 3,4年

教科書 必須
  1. (日) 教科書 田中春美,他(著)『言語学演習』(1982初) 大修館書店

  2. (日) 参考書 スティーブン·ピンカー(著),椋田直子(訳)『言語を生みだす本能(上)』,同『言語を生みだす本能(下)』(1995初) 日本放送出版協会

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 森岡 芳洋
    オフィスアワー 任意

    (日) 木曜日 12時50分∼14時20分

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) この授業科目は8単位まで履修することができます.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です