徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/欧米言語ゼミナール (その1)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183764
EOID
440220
Map
[2008/欧米言語ゼミナール (その1)]
LastModified
2009年1月26日(月) 16:57:26
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) 欧米言語ゼミナール (その1) / (読) おうべいげんごぜみなーる
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 川上 三郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) ドイツ語については,語彙論,統語論,意味論,音韻論など,さまざまな領域からテーマをいくつか取り上げ,包括的な理解を得られるようにする.コンピュータ処理については,ドイツ語のみならず,英語や日本語などの言語資料のコンピュータ処理の技法を学ぶ.

概要 必須

(日) ドイツ語の言語学的探求とコンピュータ処理

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 前もって,「言語資料とコンピュータ」を履修しておくこと.ドイツ語を主として研究したいものは,「実用ドイツ語演習 I」と「ドイツ語基本研究」を履修しておくこと.またコンピュータ処理を主として研究したいものは「言語情報プログラミング演習」を履修しておくこと.

目標 必須
  1. (日) 卒業研究に向けて言語学的な現象に対して興味を持ち,みずから研究対象を定めて分析するための基礎的な力をつける.

計画 必須
  1. (日) 授業は文献の購読と,コンピュータを使った演習とを並行して行う.卒業研究のテーマに応じて,文献の購読ではドイツ語または英語の教材を使用する.一方,コンピュータの演習では,言語資料の用途に応じた処理や利用の仕方程度から,言語処理のためのプログラミング技法を学ぶ.

評価 必須

(日) 授業中の発表を元にする.

再評価 必須

(日) 行わない.

対象学生 不用

(日) 3,4年

教科書 必須
  1. (日) 教材はプリントを随時配布する

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川上 三郎
    オフィスアワー 任意

    (日) 水曜日 10時30分∼14時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) この授業科目は8単位まで履修することができます.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です