徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/アジア思想演習 (後期)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183707
EOID
444017
Map
[2008/アジア思想演習 (後期)]
LastModified
2009年2月9日(月) 12:21:46
Operator
有馬 卓也
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (日) アジア思想演習 (後期) / (読) あじあしそうえんしゅう
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]
  2. 2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 有馬 卓也
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) より高度な思想·文学関係の文献を講読しながら,中国の思想·文化を考えていこうというものである.アジア思想基礎研究の次のステップである.一つの文献を歴史·思想·文学·文化という枠組みにとらわれずに理解·把握することの訓練である.

概要 必須

(日) 今年度は,古代中国にいた医者たちの医療行為について考えてみたい.現代から見ると信じがたいものから,現代においても通用するようなものまで,様々な逸話を読むことによって,当時の医者たちの位置づけを行い,文化的な背景を考えていきたい.

キーワード 推奨
  1. (日) 医学思想 / (読) いがくしそう
  2. (日) 医療行為 / (読) いりょうこうい
  3. (日) 古代中国文化 / (読) こだいちゅうごくぶんか
先行科目 推奨
  1. アジア思想研究II([2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.アジア研究サブコース]/[学士課程]]/[2009/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/->授業概要[2008/アジア思想研究II])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 『太平広記』は演習の形態をとるので,全員が担当することを前提とする.したがって,最高15名を限度としたい.最初に出席者の担当を決め,発表当日までに予習のチェックを行うことを義務づける(授業の際,誤読の訂正の為に時間を浪費することをさけるため).

目標 必須
  1. (日) 中国文化を考える上で重要な事項を理解し,文化理解への基礎的能力を養う.

計画 必須
  1. (日) 1,ガイダンス

  2. (日) 2,古代中国の医者たち

  3. (日) 3,関連図書の紹介

  4. (日) 4∼14,『太平広記』医一の講読(1)∼(13)

  5. (日) 15,その他

  6. (日) 16,まとめ

評価 必須

(日) 演習形式で行うので,出席点と担当の出来具合及びレポートを総合して評価する.出席は一回につき3点.担当の点数は100点から出席点(授業回数×3)を引いた数字が満点となる.欠席をする場合,あらかじめ連絡を入れること.連絡があった場合の欠席と無断欠席とでは評価が異なるので注意.詳細は第一回目の講義の時に連絡する.

再評価 必須

(日) 行わない.

教科書 必須
  1. (日) 特に指定する教科書·教材はない.参考書については適宜紹介する.

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜提示する

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 有馬 卓也
    オフィスアワー 任意

    (日) 随時

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です