徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/臨床血液学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183576
EOID
576315
Map
[2008/臨床血液学]
LastModified
2011年4月8日(金) 21:58:03
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Haematology / (日) 臨床血液学 / (読) りんしょうけつえきがく
題目 任意
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 二宮 恒夫
    肩書 任意
  2. 梅野 真由美
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  3. 尾崎 修治
    肩書 任意
  4. 賀川 久美子([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) 赤血球,白血球の形態,機能,ならびにこれらの血球系の疾患を学習する(二宮).主として出血性疾患の理解(尾崎,賀川)と,診断に必要な検査の意義や方法と疾患との関係を理解させる(梅野).

概要 必須

(日) 血液学の基礎,各種血液疾患の病態や検査値,血液学的及び止血学的検査法の原理や技術,臨床的意義などについて教授する.(オムニバス方式) (二宮):赤血球,白血球の形態と機能,さらに各種血液疾患の症状・診断・検査値について述べ,臨床血液検査の重要性を教授する. (尾崎・賀川):血小板形態および止血・凝固機構,出血性あるいは血栓性疾患について教授する. (梅野):血液学的検査,出血・血栓傾向の検査,さらに染色体検査について教授する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) わかりやすく講義するが,疑問点はそのときに質問するように心がけて下さい.予習,復習に努めて下さい.

目標 必須
  1. (日) 血液の生理と病態,各種血液疾患の病態や検査値,血液学的および止血学的検査法の原理や技術,臨床的意義などについて理解する.

計画 必須
  1. (日) 総論(血液の成分,機能,産生と崩壊)(二宮:60分×15回)

  2. (日) 血球の分化·成熟と造血因子(二宮)

  3. (日) 赤血球の形態と機能,ならびに疾患(鉄欠乏性貧血,再生不良性貧血,溶血性貧血など)(二宮)

  4. (日) 白血球の形態と機能,ならびに疾患(細菌,ウイルス感染症やアレルギー疾患に伴う白血球数と分類の変動,白血病,悪性リンパ腫など)(二宮)

  5. (日) M蛋白血症の診断,症状(二宮)

  6. (日) 造血器の構造,機能(二宮)

  7. (日) 赤血球・白血球系の疾患と臨床検査(まとめ),小試験(二宮)

  8. (日) 巨核球・血小板の形態,生産,機能,止血機構,凝固線溶系のしくみ(尾崎:120分×1回)

  9. (日) 出血傾向・血栓傾向と各疾患,造血幹細胞移植(賀川:120分×1回)

  10. (日) 血液学的検査法①採血法,末梢血液検査(梅野:120分×6回)

  11. (日) 血液学的検査法②骨髄検査,特殊血液形態学的検査(梅野)

  12. (日) 血液学的検査法③赤血球系・白血球系の特殊検査,赤沈(梅野)

  13. (日) 出血傾向・血栓傾向検査法①血小板・凝固系検査(梅野)

  14. (日) 出血傾向・血栓傾向検査法②凝固抑制物質・線溶系・血管系検査(梅野)

  15. (日) 染色体検査および遺伝子検査(梅野)

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 二宮:筆記試験で評価し,試験は2回行う.7回の授業が終了した後と,定期の前期試験日.それぞれ50点満点とし,2回の合計が60点以上を合格とする.尾崎・賀川:筆記試験で評価する.100点満点の60点以上を合格とする.梅野:毎日の小テストと定期試験の成績を合わせて評価し,100点満点の60点以上を合格とする.なお,各教員の試験で合格することが必要である.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 臨床検査技術学11 「血液検査学」:古沢新平・磯部淳一著(医学書院)

  2. (日) 臨床検査学講座「血液検査学」:奈良信雄 他著(医歯薬出版)

  3. (日) 血液細胞アトラス:三輪史朗・渡辺陽之輔著(文光堂)

参考資料 推奨
  1. (日) 適宜紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 二宮 恒夫
    オフィスアワー 任意

    (日) 二宮教員研究室(3階),昼食時および17時∼18時

  2. 梅野 真由美
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です