徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/母性援助論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183430
EOID
576900
Map
[2008/母性援助論]
LastModified
2011年4月9日(土) 18:55:00
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Maternity Nursing Care / (日) 母性援助論 / (読) ぼせいえんじょろん
題目 任意
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 岸田 佐智([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.母性·小児看護学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 芝﨑 恵
    肩書 任意 助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(日) ライフサイクルに応じた女性および,マタニティサイクルにある母子の健康状態をアセスメントし,必要な看護技術を学ぶことで,適切な母性看護援助過程を理解することができる.

概要 必須

(日) ライフサイクルによって生じる女性およびマタニティサイクルにある母子とその家族の健康問題を理解し,それによって必要とされる看護援助過程を学習する.特に,妊娠,分娩,産褥期の生理的現象を復習し,その時期に生じやすい健康問題について,ロイの適応看護論を活用しながら講義を行う.また,マタニティサイクルにある母子および家族に看護援助を提供する場合に必要とされる看護援助技術について演習を行う.以上の学習を基にして,思春期から更年期に至るまでの女性および子と,その家族への看護援助活動の展開を,事例を通して行う.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) ライフサイクルに応じた女性の健康問題について理解する.

  2. (日) ライフサイクルに応じた女性の健康問題への看護援助活動のあり方について理解する.

  3. (日) マタニティサイクルにある女性および子の健康問題についてロイの適応看護論を活用しながら理解する.

  4. (日) マタニティサイクルにある女性および子への健康問題に応じた看護援助活動を展開することができる.

  5. (日) マタニティサイクルにある女性および子への看護援助を展開するために必要な看護技術を習得する.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション,およびロイ適応看護論について

  2. (日) ロイ適応看護論によるマタニティサイクルにある女性および子の変化

  3. (日) 妊娠期における女性および胎児の変化とその健康問題

  4. (日) 妊娠期における女性および胎児の変化とその健康問題

  5. (日) 分娩期における女性および児の変化とその健康問題

  6. (日) 分娩期における女性および児の変化とその健康問題

  7. (日) 産褥期における女性および新生児の変化とその健康問題

  8. (日) 産褥期における女性および新生児の変化とその健康問題

  9. (日) マタニティサイクルにある母子に必要とされる看護援助を提供するための看護技術の演習

  10. (日) マタニティサイクルにある母子に必要とされる看護援助を提供するための看護技術の演習

  11. (日) マタニティサイクルにある母子に必要とされる看護援助を提供するための看護技術の演習

  12. (日) マタニティサイクルにある母子に必要とされる看護援助を提供するための看護技術の演習

  13. (日) 妊娠期にある女性および児とその家族への看護援助過程の事例を通した展開

  14. (日) 分娩期にある女性および児とその家族への看護援助過程の事例を通した展開

  15. (日) 産褥期にある女性および児とその家族への看護援助過程の事例を通した展開

  16. (日) 更年期にある女性およびその家族への看護援助過程の事例を通した展開

評価 必須
再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) 系統看護学講座 専門24 母性看護学1 母性看護学概論,医学書院

  2. (日) 系統看護学講座 専門25 母性看護学2 母性看護学各論,医学書院

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 岸田佐智(skishida@medsci.tokushima-u.ac.jp tel & fax 088-633-9032)火-木曜日17:00-(保健学科南3階)
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です