徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/成人援助論Ⅱ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183354
EOID
572513
Map
[2008/成人援助論Ⅱ]
LastModified
2011年4月6日(水) 22:26:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Adult Nursing Care / (日) 成人援助論Ⅱ / (読) せいじんえんじょろん
題目 任意
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 田村 綾子
    肩書 任意
  2. 市原 多香子
    肩書 任意
  3. 南川 貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.療養回復ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
  4. 桑村 由美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.女性の健康支援看護学])
    肩書 任意
  5. 今井 芳枝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.ストレス緩和ケア看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 1.生活の再調整·再構築のため必要な基本的援助技術を習得する.2.生体侵襲を受ける患者に必要な基本的援助技術を習得する.3.クリティカルな状態にある患者に必要な基本的援助技術を習得する. 4.生体侵襲を受ける患者がもつ健康問題および基本的看護活動を理解する.

概要 必須

(日) 長期に病む人々や,リハビリテーション·手術や緊急入院に伴う急性状況にある成人に必要な基本的援助技術,看護過程について学内実習,演習をとおして学びます. 通常の授業では,資料の配布,視聴覚教材を用いて講義を行います.成人援助技術では,小グループにわけ,ローテーションにて学内実習を行います.事例展開では小グループ討議ののち発表を行います.

キーワード 推奨
  1. (日) 生活の再調整・再構築
  2. (日) 生体侵襲
  3. (日) クリティカル
  4. (日) 看護計画立案
  5. (日) 成人援助技術
先行科目 推奨
  1. 成人援助論Ⅰ([2009/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]]/->授業概要[2008/成人援助論Ⅰ])
    必要度 任意
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 1.成人援助技術の演習はローテーションを組んで行いますので,必ず出席してください.演習後にレポートを提出します. 2.成人援助技術は短時間で行うため,演習の前・後に自己学習を行っておいてください. 3.事例による看護過程の展開は,小グループで討議·発表を行うとともに,各自が作成した看護計画用紙も提出します. 4.実習室の使用にあたっては,事前に教員に申し出てください.

目標 必須
  1. (日) 検査を受ける患者に必要な基本的看護活動について説明できる

  2. (日) 生活の再調整患者に必要な成人援助技術について,指導方法を説明できる 1)自己血糖測定 2)インスリン自己注射

  3. (日) 生活の再構築患者に必要な成人援助技術について,評価・予防するための方法を説明できる 1)ROM測定 2)ROM訓練

  4. (日) 生体侵襲を受ける患者に必要な成人援助技術について,管理するための方法を説明できる 1)創傷管理 2)ドレナージ管理3)術前指導

  5. (日) クリティカルな状態にある患者に必要な成人援助技術について,測定・観察方法を説明できる 1)心電図モニター 2)観血的血圧測定・輸液ポンプ 3)重症集中患者の観察・記録,水分出納バランス

  6. (日) 次の成人援助技術は,機器·モデル人形などを用いて実施できる 1)自己血糖測定方法,インスリン自己注射 2)ROMの評価,ROM訓練 3)機器を用いたモニタリング 4)重症集中患者の観察,記録

  7. (日) 生体侵襲を受ける事例の看護診断過程を推論し,看護計画を立案できる

  8. (日) グループワークを通して事例の看護計画を討議し,その結果を発表できる

計画 必須
  1. (日) 第1,2回 検査を受ける患者に対する看護活動(画像検査,造影検査,呼吸機能検査)

  2. (日) 第3,4回 成人援助技術:術前指導,二次障害の予防

  3. (日) 第5,6回 成人援助技術:自己血糖測定,インスリン自己注射

  4. (日) 第7回 成人援助技術:ROMの評価,ROM訓練

  5. (日) 第8,9回 成人援助技術:創傷管理,ドレーン管理

  6. (日) 第10回 成人援助技術:心電図モニター

  7. (日) 第11回 成人援助技術:重症患者観察・記録,水分出納

  8. (日) 第12回 成人援助技術:観血的血圧測定,輸液ポンプ

  9. (日) 第13回 成人援助技術の総括

  10. (日) 第14∼21回 成人援助技術演習:1)自己血糖測定方法,インスリン自己注射 2)ROMの評価,ROM訓練 3)機器を用いたモニタリング 4)急性期患者の観察・記録

  11. (日) 第22回 成人援助技術演習まとめ

  12. (日) 第23回 成人期患者のアセスメントの構成(機能的健康パターン)

  13. (日) 第24∼30回 成人急性期患者に対する看護計画の立案:グループワークを通して,看護診断,看護計画を討議

  14. (日) 第31回 試験

評価 必須

(日) 評価は担当者2名が出席日数,筆記試験,課題レポートより総合的に行います.

再評価 任意
教科書 必須
  1. (日) ナーシング·グラフィカ10:呼吸・循環機能障害(メディカ出版)

  2. (日) ナーシング·グラフィカ13:脳神経·感覚機能障害(メディカ出版)

  3. (日) 看護診断ハンドブック(医学書院)

  4. (日) 系統看護学講座 別巻1臨床外科総論(医学書院)

  5. (日) 今日の治療薬(南江堂)

参考資料 推奨
  1. (日) 随時,紹介します

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 田村 綾子
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週金曜日16:30∼17:30(場所:保健学科3階)

  2. 市原 多香子
    オフィスアワー 任意

    (日) 毎週月曜日17:00∼18:00(場所:保健学科3階)

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です