徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2009/予防歯科学A 講義

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
183183
EOID
578271
Map
[2008/予防歯科学A 講義]
LastModified
2011年4月10日(日) 19:08:18
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2009年 (平成 21年)
名称 必須 (英) Preventive Dentistry / (日) 予防歯科学A 講義 / (読) よぼうしかがく こうぎ
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2009/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊藤 博夫([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.予防歯学])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
  2. 片岡 宏介([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健福祉学])
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
  3. 福井 誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学])
    肩書 任意
  4. 高橋 一郎([広島大学])
    肩書 任意 非常勤講師([教職員.教員]/[非常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) 個人を対象としたレベルでの口腔健康管理を実践することができ,口腔の健康を保持増進させる理論と方法を指導できるようになる.その基盤として,う蝕及び歯周疾患を中心とした口腔疾患の特徴(病因と病態)についての知識を習得し,合理的な予防法を理解する.

概要 必須

(日) 予防歯科学の基礎として必要な知識を習得したのち,口腔の健康を保持増進することの重要性を認識する.また,う蝕及び歯周疾患を主とした口腔疾患の病因,病態を理解し,これらをふまえた上でその予防法について学習する.

授業テーマ 必須

(日) 口腔の健康の保持増進と口腔疾患の予防(病因に基づく予防法)

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義形式 スライド,プリントなどを適宜用いる

授業場所 必須

(日) 第4講義室

注意 推奨

(日) 試験は学生便覧の歯学部規則を満たしているものに対して行う.出席率が2/3以下の者,および2回以上無断欠席をした者は原則として受験を認めない.

目標 必須
  1. (日) 健康と疾病の概念を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-1-①>

  2. (日) 口腔と全身の健康との関連を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-1-②>

  3. (日) 疾病の概念,種類及び予防を概説できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-1-③>

  4. (日) 第一次,第二次及び第三次予防を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-3-1)-①>

  5. (日) 主な口腔疾患(う蝕,歯周疾患,不正咬合)の予防を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-3-2)-①>

  6. (日) う蝕予防におけるフッ化物の応用方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-3-2)-②>

  7. (日) 口腔疾患の疫学的指標を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <C-4-1)-③>

  8. (日) ワクチンの意義と問題点を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <D-3-2)-⑦>

  9. (日) 口腔の健康度やリスクを評価し,対象者に説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-6)-(2)-①>

  10. (日) セルフケアを行えるように適切な動機づけができる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-6)-(2)-②>

  11. (日) 適切な口腔清掃法を指導できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-6)-(2)-③>

  12. (日) 適切な食事指導(栄養指導)を実施できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-6)-(2)-④>

  13. (日) 生活習慣に関して適切に指導できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-1-6)-(2)-⑤>

  14. (日) 唾液の性状と役割を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-2)-④>

  15. (日) 口腔・頭蓋・顎顔面領域の成長・発育および加齢による変化を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-2-3)-⑤>

  16. (日) 歯周疾患の病因と病態を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-2)-④>

  17. (日) 口腔細菌,歯垢および歯石について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-2)-⑤>

  18. (日) う蝕の症状と診断を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-3)-(1)-①>

  19. (日) う蝕の予防と治療の方法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-3)-(1)-②>

  20. (日) 歯周疾患の症状を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 推奨

    (日) <F-3-3)-(3)-①>

計画 必須
  1. (日) 予防歯科学の基礎:序論

    内容 必須
    1. (日) 予防歯科学の概念,健康と疾病の概念,予防法適応の段階

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 1,3,4
    授業回数 任意
  2. (日) 予防歯科学の基礎:健康と口腔環境Ⅰ

    内容 必須
    1. (日) 唾液,一般作用,ドライマウス,唾液成分とう蝕,唾液の緩衝作用,抗菌作用,

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 14,17
    授業回数 任意
  3. (日) 予防歯科学の基礎:健康と口腔環境Ⅱ

    内容 必須
    1. (日) 歯面への沈着物(歯垢,歯石,着色性沈着物,その他の沈着物),口腔常在細菌叢

    担当者 必須

    (日) 福井

    計画毎の目標 必須 5,17
    授業回数 任意
  4. (日) 予防歯科学の基礎:歯・口腔の形成・発育と機能

    内容 必須
    1. (日) 歯と口腔の発達(発生,形成,萌出,発育など),関係の深い栄養,食品,ホルモン,悪影響因子
      口腔の機能と予防歯科(消化,味覚,発音,発語),歯ぎしり

    担当者 必須

    (日) 福井

    計画毎の目標 必須 1,2,15
    授業回数 任意
  5. (日) 口腔疾患の予防:プラークコントロールI

    内容 必須
    1. (日) 理論,機械的コントロール,化学的コントロール,自浄作用

    担当者 必須

    (日) 福井

    計画毎の目標 必須 10,11,17
    授業回数 任意
  6. (日) 口腔疾患の予防:プラークコントロールⅡ

    内容 必須
    1. (日) テクノロジー(清掃技術論),清掃指導法,歯磨剤

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 10,11,17
    授業回数 任意
  7. (日) 口腔疾患の予防:う蝕予防Ⅰ

    内容 必須
    1. (日) う蝕成因説,う蝕の発生機序,う蝕と微生物

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 17,18,19
    授業回数 任意
  8. (日) 口腔疾患の予防:う蝕予防Ⅱ

    内容 必須
    1. (日) う蝕の疫学的特徴,う蝕活動性,う蝕予防法

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 5,7,9,13
    授業回数 任意
  9. (日) 口腔疾患の予防:う蝕予防Ⅲ

    内容 必須
    1. (日) う蝕予防と食生活,代用糖,栄養

    担当者 必須

    (日) 片岡

    計画毎の目標 必須 5,12,13
    授業回数 任意
  10. (日) 口腔疾患の予防:う蝕予防Ⅳ
    フッ素とう蝕予防

    内容 必須
    1. (日) フッ素(自然界,代謝,測定法),う蝕予防のメカニズム,フッ化物によるう蝕予防法,フッ素の毒性,歯のフッ素症

    担当者 必須

    (日) 片岡

    計画毎の目標 必須 6,18,19
    授業回数 任意
  11. (日) 口腔疾患の予防:う蝕予防Ⅴ

    内容 必須
    1. (日) シーラント,キシリトール,再石灰化ほか

    担当者 必須

    (日) 片岡

    計画毎の目標 必須 18,19
    授業回数 任意
  12. (日) 口腔疾患の予防:歯周疾患とその予防Ⅰ

    内容 必須
    1. (日) 分類,発生のメカニズム,歯周病と微生物,病原性細菌と病原因子,歯周組織の免疫応答

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 5,16,17
    授業回数 任意
  13. (日) 口腔疾患の予防:歯周疾患とその予防Ⅱ

    内容 必須
    1. (日) 歯周疾患の疫学指標(歯周ポケット,アタッチメントレベル,歯肉出血),疫学的特徴

    担当者 必須

    (日) 伊藤

    計画毎の目標 必須 5,7,20
    授業回数 任意
  14. (日) 口腔疾患の予防:歯周疾患とその予防Ⅲ

    内容 必須
    1. (日) 口腔細菌の歯周病原性

    担当者 必須

    (日) 片岡

    計画毎の目標 必須 5,16,17
    授業回数 任意
  15. (日) 口腔疾患の予防:ワクチンによる予防

    内容 必須
    1. (日) 特論(環境分子予防医学と粘膜免疫学)

    担当者 必須

    (日) 高橋

    計画毎の目標 必須 5,8
    授業回数 任意
  16. (日) 試験

    内容 必須
    担当者 必須
    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 全授業の終了後,筆記試験を行う.筆記試験の得点(約50%)と,出席実績および授業中で出す課題(レポート等)の提出実績と内容(約50%)を総合的に評価し,合計得点(100点満点)の60点以上の者を合格とする.

再評価 必須

(日) 原則として実施しない.

教科書 必須
  1. (日) 教科書は指定はしないが,下記に紹介する教科書などから自分の好みに合う1冊を購入することを強く勧める.また,下に示す参考書など,できるだけ多くの関連書ならびに雑誌を参考にするとよい.

  2. (日) 教科書:新予防歯科学 第3版(上・下),医歯薬出版,2003

  3. (日) 教科書:新予防歯科学 第3版(上・下),医歯薬出版,2003

  4. (日) 教科書:口腔保健学 第2版,医歯薬出版,2002

  5. (日) 教科書:実践予防歯科 医歯薬出版,1999

  6. (日) 教科書:臨床家のための口腔衛生学 改定3版,永末書店,2005

  7. (日) 参考書:予防歯科実践ハンドブック,医歯薬出版,2004

  8. (日) 参考書:国民衛生の動向,厚生統計協会,2003

  9. (日) 参考書:歯科保健指導関係資料,口腔保健協会,2006

  10. (日) 参考書:解説歯科疾患実態調査,口腔保健協会,2007

  11. (日) 参考書:スタンダード社会歯科学,石井拓男ほか編,学建書院,2005

URL 任意
連絡先 必須
  1. 伊藤 博夫([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.予防歯学])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月・水・金16:00∼17:00/5F 予防歯学・教授室)

  2. 片岡 宏介([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健福祉学])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼木16:00~17:00/5F 予防歯学・第1研究室)

  3. 福井 誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学])
    オフィスアワー 必須

    (日) (月∼金17:00~18:00/5F 予防歯学・第1研究室)

科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です